思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

スマホゲーム『アークザラッドR』の発表を見た感想

 スマホゲーム『アークザラッドR』が発表された。プレイステーションなどで発売された『アークザラッド』シリーズの最新作。

 ストーリーは『Ⅱ』のエンディングから10年後。トレーラームービーでモロにネタバレしているが気にしてはいけない。

 新キャラクターとして主人公「ハルト」、ヒロイン「ミズハ」、そして仲間らしき「セーラ」が発表。さらに1・2のキャラも登場する模様。

 全体的に丸っこいデフォルメ強めのキャラデザイン。リアル寄りな旧作のの公式絵よりは、どちらかと言えばドット絵の雰囲気に近い。

 声優はゲーム版とは異なるキャストになっている。賛否両論あるだろうが個人的にはどのキャラもイメージに合っていると感じる。トッシュは勇者王からドモン・カッシュになったと思えばそんなに違和感はない。

 スマホゲーのお約束に逆らってなぜかリーザの露出度が下がっている。謎。一方でサニアは水着同然の服装になっていたり。


 事前予約特典を見る限り、全体的なシステムはおそらくガチャでキャラを集めるタイプのオンラインスマホゲーム。レア度違いの同キャラが手に入ったりするとしたら、個人的にはRPGっぽくなくて好きじゃない。

 バトルシステムはある程度1・2を再現したシミュレーション系になっている模様。遺跡ダンジョンの登場も予告されている。最下層にちょこがいたりするんだろうか。

 世界観の設定が公式サイトにちゃんと載っているあたりは好印象。しかし3の設定がどうなるのかは不明。


 全体的に旧作からかなり変化しているため、当時からのファンには不安や不満を覚える人も多いだろう。自分だって無いわけじゃない。

 でもPVや公式サイトの作り込みを虚心で見てみると、一つのゲームとして面白そうな予感もわりとある。旧作オマージュが散見されるのも期待できるポイント。早くプレイしてみたい。

www.youtube.com