思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 ベヒーモスの素材を「ぶんどり刀」と部位破壊でソロ&討伐なしに全て集める方法

f:id:rhbiyori:20180804123541j:plain
CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト

 『モンスターハンター:ワールド』に追加されたベヒーモス。強いですね。今年の夏の暑さよりもエグいですね。個人的にはMH4Gの極限状態モンスターを彷彿とさせます。

 オンラインの野良パーティーだと討伐はかなり厳しい。ソロでも体力が下がらないので難易度は非常に高い。

 しかし実はオトモ道具の「ぶんどり刀」使用と部位破壊をするだけですべての素材が集めることができる

 正直に言うと自分は特別任務「伝説の魔獣」と『手負いの魔獣「ベヒーモス」』を一回ずつクリアしただけ。フリークエスト「エオルゼアからの来訪者」は未クリア

 それでも今回のアプデで追加された装備のゲイボルグやドラケンαシリーズ、オトモのモーグリ装備などを全て生産することができた。その方法を素材別に紹介する。

 なお猟虫「ドラゴンソウル」は『手負いの魔獣「ベヒーモス』」のクリア報酬なので、一回はクリアしないと入手できない。

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

魔獣のたてがみ・魔獣の堅骨・エーテライトの欠片

 いずれもオトモアイルーの「ぶんどり刀」によるぶんどりで入手できる。入手していただける、と言ったほうが正確か。

 また「エーテライトの欠片」以外は落とし物でも入手できた。通常だとベヒーモスは落とし物をしないのでぶんどり刀で落としてもらうしかない。それもあって「エーテライトの欠片」はやや入手困難。

 ハンターは「隠れ身の装衣」を使い、指笛でぶんどりと落とし物をしてもらったら即帰還、というマラソンプレイも可能だが、オトモにぶんどり刀を持たせて下記の部位破壊狙いをすれば自然に素材は集まると思う。

 隠れ身の装衣を使わず戦闘状態でぶんどりを狙う場合、ハンターがオトモを回復したり、ミールストームにハマっていたらサインで呼び寄せてあげたり、といったオトモに対する接待プレイが有効となる。完全にオトモハンター。スキル「オトモへの采配」も効果を発揮するはずだが、そこまでする必要も無いだろう。

魔獣の大角:角の部位破壊

 角の部位破壊で入手できる素材。どうやらベヒーモスは部位破壊をすると100%その部位の素材を落とす仕様になっている模様で、自分がプレイした限りでは他の素材が出たことはない。なので物欲センサーに泣くことも無い。

 角は物理肉質が固いが属性が通りやすい。特に龍属性が非常に有効なので龍属性弓で狙うと凄まじいダメージが出てかなり早く破壊できる。ただし小さくて狙いにくい多少の腕前が必要。ちなみに破壊すると龍属性が通りにくくなるので討伐を狙う場合に龍属性を使うのはあまりオススメできない。

 他にはライトボウガンで水冷弾を速射をする、ガンランスの砲撃で破壊する、といった方法が考えられる。自分は破壊王をつけた拡散ガンランスを使った。突き上げ砲撃を駆使するのがコツ。

魔獣の裂爪:前脚の部位破壊

 前脚の破壊で入手できる素材。前脚は比較的攻撃しやすい部位なので慣れた武器を使うのがいいだろう。耐久値が結構高いので破壊にはやや時間がかかる。

 やたらと動き回る部位なので片手剣や双剣のようなリーチが短い武器は向かないと思う。自分はこちらもガンランスを使った。

魔獣の尻尾:尻尾切断

 切断した尻尾からの剥ぎ取りで入手できる素材。ベヒーモスの尻尾はかなり高い位置にあり、姿勢によっては近接武器での攻撃が全く届かない場合もある。

 なので自分は操虫棍のジャンプ攻撃を主体に地上攻撃も織り交ぜて切断した。ジャンプで素早く背後に回り込めるのもメリット。

 あるいはボウガンの斬裂弾で斬るのもアリだろう。機動力の高いライトボウガンが向いている。それ以外なら上へのリーチが長いスラッシュアックスの斧モードや大剣を使うのがベターか。