思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

PS4版『アサシンクリード オリジンズ』をプレイ開始

f:id:rhbiyori:20181205234500j:plain
フォトモードにて撮影
 PS4版『アサシンクリード オリジンズ』をやり始めた。オデッセイじゃないです。いっこ前のやつ。

アサシン クリード オリジンズ【CEROレーティング「Z」】 - PS4

アサシン クリード オリジンズ【CEROレーティング「Z」】 - PS4

 アサシンクリードシリーズはかなり好きなんだけど、一人用だから急いでやる必要はないし、誰かとアサクリ談義をするわけでもないので、安くなってからやろうと思っていたところ、PSアワードのセールで安くなったので購入。ゴールドエディションをPSプラス値引き込で6500円ほど。ほぼ半額。っていうかもう発売から1年以上経ってるんだね。

 とりあえず2時間ほどプレイ。既にレビュー記事などに書かれている通り、様々な部分でコレまでのシリーズからテコ入れされており、より現代的なゲームとなっている。このへんは『モンスターハンター:ワールド』に近い印象。

 レベル制が導入され、装備にもハックアンドスラッシュ要素が追加。難易度選択性もあり、このへんは『ウィッチャー3』にかなり近い。

 既存のファストトラベルに加えて、乗り物(馬・ラクダなど)の自動操縦機能もあり移動が楽ちん。片手間にネットを見たりもできる。

 さらにペットの鷹を飛ばして周囲を偵察するシステムが導入。まるでドローンを飛ばすように鷹の目線で空から敵をマーキングすることが可能。文字通り鳥瞰視点でエジプトの風情を楽しめる。操作性はちょっと気になる。

 戦闘システムには弱攻撃・強攻撃・回避・ガード・防御崩しなどモダンな要素が追加された。個人的には以前のようなお手軽戦闘のほうがラクでよかったのだが、戦闘の駆け引きという部分で面白くなっているのは間違いない。


 とまぁいろいろシステムは増えたがやることは基本的にこれまでのシリーズと同じで、お使いミッションやって敵拠点を潰して気が向いたらボスを倒してストーリーを進める、という感じ。

 主人公はバエク。古代エジプトでファラオ(王)のメジャイをやっている。メジャイというのは近衛兵みたいなものだろう、多分(あえてWikipediaなどを見ずに書いています)。

 ある日財宝を狙う謎の仮面の男達の襲撃を受け、愛する息子を殺害されてしまい、彼らへの復讐のため戦う、というストーリー。アサクリシリーズに通じる復讐というテーマは今作でも健在。


 始める前は古代エジプトの雰囲気を好きに慣れるかどうか不安で、実際やってみると全体的に赤茶けた画面の色味に少々面食らってはいるのだが、毎日コツコツやるのにちょうどよさそうなゲーム性は結構気に入った。

 ボリュームはかなり多いらしく、DLCも買っちゃったので年末年始までじっくり遊んでいきたいと思う。