rh日和(仮)

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

グラブル日記ランク194 マグナ編成でバハムートウェポンを抜くべき状況について

 『グランブルーファンタジー』の話。マグナ編成がある程度極まってきたプレイヤーの多くがこう考え始めるんじゃないだろうか。

 「バハムートウェポン(バハ武器)を編成から抜きたい」と。

 駆け出しの騎空士にとっては、入手した瞬間から編成画面の一角に鎮座し続けることになるであろうバハ武器。

 それを外すという行為は、いわば学生服登校の高校から私服登校の大学に進学するような、変化と成長の喜びが得られる瞬間なのではないだろうか。いや、よく知らんけど。

 しかし現環境においても、バハ武器がマグナ理想編成に入る状況はわりと多い。

 今回は自分と同じような「バハ武器抜きたい症候群」な人のために、「どういう状況でバハ武器を抜くべきなのか」についての自分の知識をまとめておきたい。例によって間違いがあったら訂正します。

なぜバハ武器がマグナ編成に入りやすいのか

(以下慣例に則って、背水や渾身など攻撃力が上がる武器スキル全般を「攻刃」、HPが上がる武器スキル全般を「守護」と呼びます)
 そもそもなぜバハムートウェポンがマグナ編成に入りやすいのか。

 それは「神石の加護は乗らないが、効果量が高い通常攻刃枠武器であり、同時にHPも上げられる」から。

 まず基本的な話から。グラブルの武器編成では通常攻刃・方陣攻刃(マグナ攻刃)・EX攻刃をバランス良く編成することが火力向上の第一歩となる。

 マグナ編成においてはマグナ石の加護が適用されるマグナ攻刃武器を多く、それ以外の通常攻刃武器・EX攻刃武器を少なく編成するのがベストなバランス。

 具体的には「マグナ武器6本、通常攻刃武器1本、EX攻刃武器1本、天司武器1本」という編成がマグナ編成のおおよそのテンプレート。残り1枠はメイン武器などによって変動。

 一応念の為書いておくとそもそもこのへんの話がわからない人はYouTubeの「今日からはじめるグラブル」を観ましょう。世界一わかりやすいので。

今日からはじめるグラブル中級編 第13回「編成②[マグナ編成]」


 ではマグナ編成における通常攻刃枠の武器に何を編成するべきか。

 一般的な通常攻刃スキルの効果量はリミテッド武器が持つ攻刃ⅢスキルLv15で攻撃力+20%

 それに対しバハ武器は、初心者にオススメとされるバハムートダガー(バハ短剣)をスキルLv15まで強化することで攻撃力+32%になる。強い。

 ここに最大HP+15%の効果もついてくるんだから、キャラクター編成の種族が制限されるデメリットを補ってもなおお釣りが来る。

 例えばメインキャラが主人公・ヒューマン・エルーン・ドラフのようにバラバラの種族の編成だとしても、バハ短剣などを編成したほうが結果的にパーティーが強くなる可能性が高い。特に武器が少ない初心者のうちは。

 これがバハ武器がマグナ編成に入りやすい理由。

 一方神石編成においては、神石の加護が適用されないバハ武器よりも他の武器を編成したほうが総合力が上がるため、基本的にバハ武器は採用されない。

バハムートウェポンを抜くべき状況

オメガウェポン

 ではどのような要因があればバハムートウェポンを抜くべきなのか。

 まずオメガウェポン(オメガ武器)との兼ね合い。

 オメガ武器は得意武器による縛りがあるかわりに、加護の乗らない通常攻刃+HP上昇スキルを持っている。つまりバハ武器と似たような性能。

 バハ武器とオメガ武器のスキルはそれぞれ別枠なので、同時に編成しても問題なく効果が適用される。

 ただ両方同時に編成すると通常攻刃の量が多くなりすぎ、かつ他の武器を編成する枠を圧迫してしまう。

 オメガ武器は攻刃・守護の数値こそバハ武器に劣るものの、ガフスキーによって付加できるスキルが強力なので、バハ武器とオメガ武器のうちどちらか一本を選ぶのであればオメガ武器を優先すべきとされている。

 例えば今持っている武器がマグナ1のマグナ武器とイベント産EX武器がメイン、というような状況であれば、バハ武器とオメガ武器を両方編成したほうがHPなどを含めた総合力が高くなるハズ。

 逆にマグナ枠のオールドプライマルシリーズやレガリアシリーズ、EX枠の撃滅戦武器(ゼノ武器)やアストラルウェポンや虚空武器を揃えて所持しているような場合は、攻刃と守護しか効果がないバハ武器を抜いたほうが強い編成になるだろう。

 編成の目的によってもどちらを採用するべきかは変わってくる。例えば1ターン奥義編成で連続攻撃UPや通常攻撃上限UPのスキルをつけたオメガ武器を編成してもあまり意味がない。

一部リミテッド武器などの通常攻刃武器

 通常攻刃スキルの効果量でバハ武器を上回る武器を持っているのであれば、当然そちらを装備したほうが火力は高くなる。

 具体的には主に「2つの攻撃力アップ系スキルを持つリミテッド武器」がそれに該当する。火「イクサバ」、風「エターナル・ラヴ」、土「一期一振」、光「エデン」、闇「フォールンソード」など。

 ただしマグナ編成の火力を上げるためだけにリミテッド武器を最終上限解放するのは非推奨。効果がほんの僅かなうえにコストがバカ高い。要するにものすごくコスパが悪い。バハ武器は序盤で地味に重要なHP確保もできる点にも留意しよう。

 エターナル・ラヴのようにメイン武器としても有用なリミ武器もあるが、それにしても大体他で代用が効く(エタラヴなら四天刃)ので、わざわざヒヒイロカネやダマスカス鋼を使うべきかは微妙。

 効率という観点だけで言えば、後々いずれかの属性で神石編成に移行したくなったときのために保存しておくのがベスト。

 とはいえ「持っているなら使ってみたくなる」のが人情というもの。当面の間使う予定があるなら1本4凸してみるのも悪くないと思う。それで後悔したら勉強代になったと思えばいいし。

 ちなみに自分はグラーシーザーを1本4凸した。これはヴィンテージシリーズだけど。一応闇背水レスラー編成に入れてるけど正直恩恵はあまり感じていなかったりする。

 なおセラフィックウェポン(天司武器)を最終上限解放すると通常枠の神威スキル(攻刃小+守護小)がつくため、バハ武器の相対的な価値が下がることとなる。

 さらに変わったところだと水属性の「シグルズの弓」は通常攻刃と8ターン限定の攻刃を持っているので、短期戦であればバハムート武器のかわりにマグナ編成に入ってくる。

 光マグナ編成に関してはシュヴァリエソード・マグナが揃えば通常攻刃・守護共に十分な量になるので、バハムートウェポンを抜くのが理想編成になる。

キャラクター

 アニラやアンチラなど、一部のキャラの攻撃力アップ効果を持つアビリティは通常攻刃に加算される計算式となっているため、同じ通常攻刃枠であるバハムート武器の相対的な効果は下がる。

 ただ現状アニラとオメガ槍が入る火マグナでもバハ武器の編成が推奨されていることもある。

 このレベルまで来るとダメージ計算機を使わないとベストな編成を割り出すのが難しくなってくる。自分のようにそこまでガチガチにやるつもりのないふんわり勢の人は、他のスキルとの兼ね合いでなんとなく編成を決めていいんじゃなかろうか。テキトーな感じで(ネモ姉マインド)。

ダメージ上限

 武器編成やキャラが揃ってダメージが上限に達する状況であれば、バハ武器のかわりにダメージ上限を伸ばす武器を編成した方がいい場合が出てくる。オメガ武器やブレグラ武器に加え、一部の四象武器や虚空武器などがそれに該当する。

 終末武器5凸やアストラルウェポン5凸があれば、通常攻撃で上限を叩くのも珍しく無いらしい。自分は持ってないです。

 アビリティダメージに関しては終末4凸・アスポン4凸程度でも上限に達しやすい。その場合、たとえ得意武器でなくても上限UPスキル付きのオメガ武器を編成したほうが結果的に総ダメージが増えたりする。

 最大HP上昇というバハ武器のメリットについても、終末orドラゴニックウェポン、セラフィックウェポン、さらに一部マグナ武器の守護スキルなど、他に最大HPを増やす手段がいくらでも出てくるのでバハ武器に頼る必要が無くなる。

GRANBLUE FANTASY グランブルーファンタジー GRAPHIC ARCHIVE VI EXTRA WORKS

GRANBLUE FANTASY グランブルーファンタジー GRAPHIC ARCHIVE VI EXTRA WORKS

  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)