思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

iPod touchではてなダイアリーを更新してみるテスト、あるいはiPod touchについての雑感など

よく考えたらやったことがなかったのでテスト。なにについて書こう。まずはiPod touchの使い勝手から話を始める。
iPod touch。当然優れたデバイスであることは間違いないのだが、最近特に感じている長所は、寝ながらネットをするのに適したデバイスであるということ。元々は音楽を聞くために買ったものなのに、ブラウザ、Twitter、RSSリーダーとして活用している時間の方が多くなっている感すらある。
もちろん、iPod touchはiPhoneの廉価版のようなものなので、ほぼすべての面においてiPhoneの方が優れている。iPod touchが優っているのは軽さ、薄さくらいだろう。まぁ、携帯性か高いということは、音楽プレイヤーとしては結構重要な要素だとは思うけれど。
実際、店頭にディスプレイされているiPhoneを触ってみると、iPod touchより動作が速いことがすぐにわかる。体感で倍は早い。スペックを求める人ような人は、絶対にiPod touchよりもiPhoneを買うべきだと思う。自分はコストパフォーマンスでiPod touch(ちなみに現時点の最新モデル)を選んだが。
何しろ、この記事を書いている最中も、処理の限界に達したせいか、強制的にホーム画面に戻されてしまうことがあった。まぁ、こういう現象はiOSデバイス全般で起こりやすいことであるらしいけれど。ちなみに書いていた文章は、はてなダイアリーの自動保存機能のおかげで復元できた。よかったよかった。
僕のようにブログを書いたりする人間にとって一番影響があるのは、フリック入力のレスポンスがあまりよろしくないということ。iPod touchのだと、入力してから表示されるまでに若干ラグがある。特に、素早く入力しようとするときに顕著。iOS純正のメモアプリを使うと多少はマシになるが、それでもスムーズとはとても言えないレベル。正直、このへんはAppleらしくない。もっとも、これが過去の製品を積極的に切り捨てようというAppleお得意の販売戦略だとしたら、逆にらしいっちゃらしい。
いずれにせよ、iOSデバイスは閲覧に特化していると言われており、実際その通りだと思う。文章を書くくらいなら出来るが、それでもやはり制作したりする作業はパソコンの方が向いている。とりあえず、全角スペースが容易に入力できないのはどうしてもいただけない。
そんな状況だが、自分は今、近々発表されると噂されるiPad miniが欲しくてたまらない。マシンの性能ももちろんだが、現状の3.5インチではやはりブラウジングなどで限界がある。かといってiPadは寝ながら使うには大き過ぎる。もしiPad mini(このネーミングはおそらくApple的にはあり得ないと思う。そもそも出るかどうかも決まってないけど。)が7インチという噂通りの大きさだった場合、まさに理想のデバイス二なるかもしれない。片手で持てて大画面。イイ。すごくいい。
もちろん、中途半端な大きさだと考える人も多いと思う。でも、iPadではデカすぎると思っている人も結構多いんじゃないかという気がする。あくまで予想だが。もしかしたら、ノマド()的な人々にとっての新定番デバイスとして定着する可能性もある。是非AppleさんにはSIMフリーの新型iPadを出していただきたい。眠くなってきたので今日はこの辺にする。

Apple iPod touch 32GB White MD058J/A

Apple iPod touch 32GB White MD058J/A