読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

PS4版『GUILTY GEAR Xrd REV 2』をプレイ PS3版レベレーターからの移行も可

 本日5月25日発売のPS4版『GUILTY GEAR Xrd REV 2』をプレイ。待望のギルティシリーズ新作である。

f:id:rhbiyori:20170526002346j:plain
↑梅喧のコンボモードがクリアできないの図

【PS4】GUILTY GEAR Xrd REV 2

【PS4】GUILTY GEAR Xrd REV 2

 前作『REVELATOR』はPS3版でプレイしていたのだが、新作を機にPS4を購入した。PS3版からセーブデータを引き継げるか不安だったが、やってみたら大丈夫だった。

PS3版レベレーター→PS4版レヴツーのデータ引き継ぎ方法

 データの引き継ぎ方法は、レベレーターにおけるPS3版→PS4版の方法と同じでOK。

  • PS3版レベレーターを起動し、CONFIG→システム設定から「セーブデータのアップロード」を選ぶ
  • PS4版レヴツーを起動し、CONFIG→システム設定から「セーブデータのダウンロード」を選ぶ

 という流れ。少しのダウンロード時間の後、ストーリーモードの進行状況やワールドドルのデータが引き継がれる。詳しくは公式サイトを参照。
www.ggxrd.com

 データ移行だけが懸念材料だったので、無事引き継ぎ出来てよかった。もう一度ワールドドルを集めて釣りをやりまくる気力は流石に起きぬ。

追加ストーリーは必見

 で、肝心のゲーム内容に関してだが、対戦部分に関しては2キャラ追加&微調整程度なので、それほど新鮮味は無かったりする。

 オンライン対戦のシステムが改良されたのも大きな変更点なのだが、実はつい先日のアップデートでそのシステムが前作に搭載されたため、あまり変化が無い。
rhbiyori.hatenadiary.jp

 しかしストーリーモードに追加された新ストーリーは、相変わらず大変クオリティが高く、満足度は高かった。

 ネタバレ自粛要請が出ているので多くは語れないが、カメラワークによる細かい演出がキチンと行き届いていたりして、ドラマや映画と比べても遜色ないレベル。

 現在見られるのは「アフターストーリーA」のみだが、前作と同様であれば今後アップデートによって増えるはず。期待して待ちたい。

やはりPS4版は快適

 それより何より語りたいのが、PS4版の素晴らしさである。

 まずロードが早い。実に早い。実際の数値的にはPS3版の1.5倍くらいだろうが、気分的には倍くらい早く感じる。

 もちろん画質もキレイ。おそらく小さいサイズの映像を引き伸ばしていたPS3版とは違い、フルHDなので粗が無い。ステージ背景の情報量が多すぎて最初は戸惑ったほど。

 さらにスリープモードで即座に中段・再開できるのが超絶便利。もはや起動ごとにオープニングデモを見る必要はない。

 PS4版が快適だとは聴いていたが、ここまでとは思わなかった。今から始める人には是非PS4版をオススメしたい。

オンライン周りにやや難あり

 注意点として、オンライン対戦に不具合があり、公式サイトでも告知されている。

www.arcsystemworks.jp

 基本的にはプレイヤーの注意で回避できる不具合だが、告知されている以外にも、ロビーの対戦台に座れなくなる症状が多数報告されており、こちらは発生したら回避不可能。自分も何度か遭遇した。

 きっとアップデートで修正してくれるハズだが、なるべく早くしていただきたいところ。


 ともあれ対戦そのものは基本的に問題なく遊べるので、十二分楽しめている。

 ガンガン対戦したいし、新キャラも使ってみたい。最新ハードでギルティが遊べる喜びをこれからも満喫していきたいと思う。

オンラインカードゲーム『ハースストーン』をプレイ

 唐突だが『ハースストーン』を始めた。

us.battle.net

 世界的に有名なゲームなので今さら説明する必要は無いと思うが、『ハースストーン』はブリザード・エンターテインメント社が運営するオンラインカードゲームである。

 ゲーム内容は『マジック・ザ・ギャザリング』や『遊戯王OCG』のようなトレーディングカードゲームを、よりシンプルにしてオンライン対戦可能にしたもの、という感じ。トレード要素は無いけど。

 自分は数年前、日本で流行り始めた頃にアカウントを作ってほんの少し遊んだのだが、それ以降はノータッチで日々の生活を送ってきた。泣いたり笑ったりしてきた。どうでもいい。

 なぜそれを突然再開したのかというと、このゲームとは別の某オンラインカードゲームの話題を見ていたら、その元ネタとされるハースストーンに少し興味が湧いてきた、というのがひとつ。

 もうひとつは、明日発売の『ギルティギア イグザード レヴツー』のためにPS4を買ったのだが、発売までの空白期間にプレイするゲームを探したものの、お金を出してPS4のゲームをプレイするほどの時間は無く、無料のゲームでお茶を濁そう、と思った次第。


 今から始めても楽しめるかどうか不安だったが、カジュアル戦をやってみると意外と自分と同じくらいの相手とマッチングして対戦することができる。

 しかも結構勝てる。名前的にお相手が中国や韓国の方ばかりなのも大きいかもしれない。現在は主にパラディンで、ネットで見つけた初心者向けデッキを組んでプレイしている。

 学生時代に一瞬だけMTGをやっていたことがあるのだが、そっちと違ってターン中に割り込まれることが基本的に無いので(「秘策」という、こちらの行動にカウンターで発動する罠のようなものはある)、将棋のようにじっくりと進めることが出来てなかなか面白い。

 デバイスを選ばずに遊べるのも嬉しい。Windowsのデスクトップ、MacBook Air、iPod touchの三機種でプレイしている。だいぶスマホが欲しくなってきた。

 ただ、現在の自分と対戦相手のカード状況だと「自分のリソースを増やしつつ、相手のリソースを削っていく」だけのゲームという印象で、イマイチ戦略性や達成感を感じない。カードが増えれば変わってくるんだろうけど。

 それと自分のターンの時間が決まっているため、気軽にのんびりプレイするのにはあまり向いていない気がする。そんな時は一人用モードをプレイしたほうがいいのだろうが、単発の練習モードか別のデッキを使うモードしか無いっぽい。自分のデッキで攻略していくようなモードも欲しかったが実装が難しそう。。


 ギルティが出てもプレイするかどうかは未定だが、こんなゲームが無料で遊べちまうなんていい時代だなぁ、と今世紀に入って何度目かの感想を抱いた。これの前は『イニシエダンジョン』あたりだろうか。

 なんてことを言っていたら、偶然にも今日、ドラゴンクエストを題材にしたハースストーン風のカードゲームが発表された。

www.4gamer.net

 そもそもハースストーンも、同社の『ウォークラフト』の世界観を題材にしたゲームだったりする。どうせだったら馴染みのあるドラクエ版をプレイしてみるのも良いかもしれない。ただスマホ版しか無いのが気がかりではある。

ハースストーン (Hearthstone)

ハースストーン (Hearthstone)

PlayStation4を購入

f:id:rhbiyori:20170522123159j:plain
 『PlayStation4』を購入した。ついに買っちまいましたよ、ええ。新型、グレイシャーホワイト、500GBです。

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2000AB02)

PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 500GB (CUH-2000AB02)

ギルティギアのために購入

 主な目的はもうすぐ発売する『ギルティギア イグザード レヴツー』をプレイするため。

【PS4】GUILTY GEAR Xrd REV 2

【PS4】GUILTY GEAR Xrd REV 2

 これまでPS3で現行版の『レベレーター』をプレイしてきたのだが、ほぼ毎日起動するほどハマっており、ロードが早いPS4でやりたいなと常々思っていたのを、新作発売を機に思い切って買ってしまったのである。

 そもそもPS3を買ったのもギルティギアをプレイするためで、そして実際、ほぼギルティ専用機に終始することとなった。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 一年弱でPS3からPS4に買い替え、というと早すぎる気もするが、買ったのはジャンクのPS3だったし、繋ぎとしてPS3を買ったおかげで当時は噂段階だった新型PS4を買えたわけだし、そもそもここまでギルティギアにハマるとは予想していなかったのだから、決して損はしていない。うん。そういうことにしておこう。

 正直に言うと、自分の好みに合うようなゲームはPCとスマホがあれば8割方遊べてしまうので、PS4は欲しいような欲しくないような微妙なポジションではあった。

 それでもギルティギアがやれれば御の字だし、マイパソコンもスペック的に最新ゲームがキツくなってきたところなので、ちょうどよかったとも言える。

購入からセットアップまで

 買って持ち帰り、箱から出して驚いたのは、とにかく本体が軽いということ。うちにある型番3000番台のPS3よりも軽かった。調べてみたら4000番台と同程度の2.1kgらしい。さすが新型。

 デザインもクールで、マットな質感がイイ感じ。所有欲を満たしてくれる。

 セッティングは、PS3に刺していた電源ケーブル、HDMIケーブル、LANケーブルをそのまま差し替えるだけでOKだった。楽ちん。ただケーブルの差し込みが若干固く、端子が奥まっているので少し手間取った。

 格段に持ちやすくなったコントローラーを差し込んで起動。やはりPS3より立ち上がりが早い。そして画面がキレイ。フルHDのモニター買っておいてよかった。

 PSNアカウントを登録すれば設定は完了。PSプラスも14日間無料体験を有効にしておいた。

体験版やフリープレイのソフトを遊ぶ

 で、早速ギルティギアをやりたかったのだが、レヴツーが発売するのは25日。その前にレベレーターを買ってアップデートしてもいいのだが、中古で買っても1000円ちょっとの損になってしまうので、レヴツー発売までガマンすることにした。妙なところでケチる俺。

 それまでの繋ぎとして、体験版やPSプラスでフリープレイのを遊んでみた。


 まず『パラッパラッパー』体験版。パラッパが、玉ねぎ先生が、畳の下から出てくる忍者が、すべて高画質のポリゴンになっていた。ちょっと感動。

 でもムービーがプリレンダなせいか、当時のままのローファイだったのが少し残念。すっかり音ゲー慣れしているおかげででステージ1を一発クリアして終了。


 次に『GRAVITY DAZE 2』体験版。重力を操って移動するというかつて無い操作感。ただ、「要するに、空飛んでるだけじゃね?」と思ってしまったのも事実。


 『THE KING OF FIGHTERS XIV』体験版。とりあえず格ゲーということでプレイ。思ったよりグラがキレイ。これまでKOFはノータッチだったのでそれ以外の感慨は無かった。


 『NieR:Automata』体験版。プラチナゲームズだけあってベヨネッタっぽいアクションが結構面白い。開始10分で泣かせに来るのはちょっとクドく感じた。


 『Minecraft』体験版。Xbox360の体験版もやったことがあり、内容はほぼ一緒。最近追加されたアイテムの「エリトラ」をいきなり試せるのには少し驚いた。


 『ディビジョン』体験版。UBIソフトのゲームだけあって、荒廃したニューヨークの様子がリアルで没入感がある。そしてお使いゲー感もスゴい。


 『Lumo』。PSプラスで無料。ゼルダの謎解きだけをやるようなゲーム。買ってまでやるかと言われれば正直ノーだが、うっかり1時間ほど進めてしまった。


 『STEINS;GATE 0』。PSプラスで無料。起動した直後のメッセージを見て、これって前作やってないとダメなんじゃね? と思い即プレイ終了。そもそもアドベンチャーが好きじゃない。


 『ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア』。移植作らしく、グラフィックの荒い無双シリーズ的なダメ感が漂っていたが、兵士を率いるという独特のシステムはハマる人にハマりそう。


 という感じ。とりあえずディビジョンが6時間まで遊べるので、それでレヴツーを待とうかと思う。

その他色々

 他にやりたいゲームは、ウィッチャー3、トリコ、ホライゾンゼロドーン、ウォッチドッグス1、2あたりか。意外と少ない。

 『アサシンクリード シンジケート』はレヴツーと同じ25日に廉価版が出るらしい。あんま意味無い。

 FF15は安くなったらやってみたい。ドラクエ10も安くなったらやろうかな。ニーアオートマタも同上。そんなんばっか。

 しかしPS3で遊べたゲームアーカイブスのソフトが遊べないのがちょっと辛い。積みゲーになってた聖剣LOMをやりたかったのに。

 あと、スタンド無しで縦置きしようと思って調べたら、どうやら吸気口が底面にあるらしく、スタンド無しで立てると熱でヤバイらしい。何だその設計。結局机周りを整理して横置きにしたけど。

 コントローラーをパソコンに差し込んで、Steamゲームをちょっと遊んでみたりもした。設定が少し面倒だったが、大体のゲームでちゃんと動いてくれた。Xbox360パッドが傷んできたのでこれは嬉しい。ただSkyrimは視点変更がタッチパッドになったりして上手く動かなかった。なぜだ。