読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

PS4と「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」が欲しくてたまらない話

格闘ゲーム

 いやね、欲しいんですよ。ギルティギアの新作「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-」が。


GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- 製品紹介トレーラー

 ここで今更ギルティギアの説明をする必要があるのかわからないが一応しておく。

 ギルティギアは、2000年代以降に主にアーケード用としてヒットを飛ばした格闘ゲーム。一部では「コンボゲー流行のきっかけ」として嫌われることすらあるほど影響力のあるゲームだ。アニメ調のグラフィックと本格的なメタルサウンドにも定評がある。

 本格的に人気が出始めたのは「ギルティギア イグゼクス」以降で、数年間はそのアップデート版のリリースがしばらく続いていた。

 それが最近になって「2Dアニメに見える3DCG」というグラフィックで注目を集めた「ギルティギア イグザード」が発売され、イグザードシリーズが始動した。かくいう自分も初めてイグザードのグラを見たときはぶっ飛んだものだ。


『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』店頭プロモーションビデオ
 
www.4gamer.net

 イグゼクスの頃は、ゲーム展開が早くプレイヤーに求められるスキルが多かったため、敷居の高いゲームという評判が多かったのだけれど、イグザードになってからゲーム性が比較的シンプルになった。

 そんなイグザードの最新作がレベレーターな訳だが、これがまたスゴイらしい。

【PS4】GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

【PS4】GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

 まずストーリーモードがスゴイ。前作「ギルティギア イグザード サイン」のストーリーモードもすごくクオリティが高かったんだけど、レベレーターのストーリーモードはさらにパワーアップして、もはやCGアニメとして単体で楽しめるほどらしい。

 ただイグザードシリーズは、公式側からユーザーに向けてネタバレの自粛を呼び掛けているので、ネット上での盛り上がりがイマイチになっている気がしてもったいない。秘密にすることで逆に興味を湧かさせるという作戦なのかもしれないけど。

 ストーリーモードには格闘ゲームパートが無いので、キャラクターや世界観からギルティに興味を持った人でも楽しめるという安心設計。

 そんで新キャラもスゴイ。アーケード版で追加されたジョニー、ジャム、ジャック・オーに加えて、女の子がジイさん型ロボットを操って戦う「「クム・ヘヒョン」と、悪役サイドの幹部で長年参戦が待望されていたドMの「レイヴン」が家庭用で新たに追加。

 さらにさらに、チュートリアルモードが空前絶後の超絶大充実により初心者でも安心して始められるようになったり、ボタン連打で簡単にコンボを決められるスタイリッシュモードが追加されたり、ネット対戦の機能がさらに充実して快適に対戦が楽しめるようになったりと、「格ゲーいつ始めるの? 今でしょ!」と言わんばかりの盛りだくさんな内容となっている。


 と、ここまで宣伝じみたことを書いてきたが、じゃあなんでお前は買っていないのか、というと、対応ハードであるプレイステーション3もプレイステーション4も持っていないからだったりする。

 自分にとってギルティギアは「昔やったゲーム」であって、前作「サイン」が出た時もとりあえず見送り、結局、家庭用版からかなり遅れて発売されたパソコン版を買って満足していた。

 でもレベレーターはやりたい。やってこましたい。なぜなら面白そうだから。でもハード持ってない。どうしよう。というのが今の状況。

 最近は格闘ゲームがe-Sportsと呼ばれてメディアなどで取り上げられることも多くなり、ギルティギアは、有名な「ストリートファイター」や「鉄拳」の次くらいに人気のあるタイトルである。

 さらに今作は世界最大の格闘ゲーム大会「Evolution」のメインタイトルとしても選ばれている。まぁ要するに、今最も人気がうなぎのぼりなタイトルなのだ。スト5が若干アレなこともあり……。


 据え置きハードはXbox360以来買っていないので、そろそろハードごと買う時期なのかな、と思うものの、もうすぐE3(ゲーム関連の展示イベント)があるし、4K対応のプレイステーション4.5(仮名)が出るという噂もあるので悩んでいる。

 とはいえ、待ちすぎて買い時を逃す、というパターンを既にPS3でやらかしているので、買いたい時に買ってしまうのが一番いいのかもしれない。とても悩ましい。

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

片道勇者プラス日記 観光客クエストをクリア

片道勇者

 片道勇者プラスで観光客クエストをクリアした。これでクラス開放クエストを全てクリアしたことになる。

 クエスト内容は、道中にある宝箱を4つ調べるというもの、3つ目までは宝箱を調べるたびに盗賊が出現するが、4つ目はドラゴンが守っているのみで盗賊は出ない。

 昨日書いた通り追加クラスである理騎士を使ってみた。どんなクラスかよくわからなかったのが元気度を消費するということは知っていたので、元気度の減りを抑制する特徴である「呼吸法」を5つつけた。

 理騎士は名前の通り魔法戦士的なクラスで、敏捷と意志がかなり伸びる。反面、筋力と知力は意外に伸びなかった。どうやらこれは自分の運が悪かっただけらしい。開錠・登山・水泳は全くダメで、魅力は微増。

 自力で一つだけフォースをレベル消費習得でき、念動で敵を吹っ飛ばしたり、自己強化の技を2つ使える。

 実際に使ってみたところ、強くもなく弱くもなく。バランスが取れていると言うより、器用貧乏と言った方がいいだろうか。

 近距離は打撃、遠距離は雷光と使い分けできるのが楽しくもあるのだが、いずれの威力も中途半端であった。

 とはいえプレイしたのは普通の旅だったので、そこまで苦労はしなかった。集う世界でプレイしたのだが洞窟・海岸・要塞だらけでむしろそっちの方が苦労した。

 ラストはフリーダを連れて封印の神殿に行くことができ、嵐の聖剣を手に入れ、それに上質の研ぎ石2個使い、赤いドラゴン2匹を倒して最後の宝箱を開けた。そもそもその時点で普通に赤いドラゴンがスポーンしていたので、実質雑魚戦だった。


 これで全てのクラスが使えるようになった。次は何を目指そうか。それか一旦別のゲームをやろうかな。特に予定は無いけど。

片道勇者開発記: 四年の旅路

片道勇者開発記: 四年の旅路

片道勇者プラス日記 忍者クエストをクリア

片道勇者

 片道勇者プラスで忍者クエストをクリアした。昨日みたいにTwitter投稿しておくのを忘れてしまった。

 プレイしたのは剣士で普通の旅。集う世界の「新ジトリクダサウの世界」。特徴は知+ 命中+ 命中+ 命中+ 命中+。(冒険の履歴を見ながら書いてます)

 例によって普通の旅慣れしているのでそんなに苦労はしなかった。途中若干の武器不足や防具不足に陥ったが、大量の金を持った状態で武器屋に出会い、グランドブレイドと重さ12の斧(鑑定したら一撃斧だった)を買うことができたので、後は楽勝だった。

 最後のボス忍者は、呪われた骨をザコ忍者に投げてしまうというアクシデントがあったものの、一撃斧+ベルセルク+覚醒で超激震の巻物を読み、ダメ押しで強打を放ったところで倒せてしまった。超あっさり。クリア地点は592km。


 このゲームを始めた頃は剣士が一番プレイしやすかったのだが、全クラスを一通り触った後で久々に使ってみると、剣士の不便さに気付かされる。

 確かに戦闘に関しては強いのだが、ベルセルクと背面防御以外は勇者のほうがバランスが取れているし、識別率が低いし、海も山も通れない。特にプラス版になってから使いにくさが増した気がする。

 何より戦闘オンリーなので、敵に囲まれた時などのピンチ時の打開手段が少ないのが辛い。大激震はあるが、知力が伸びないのでスタミナが減るし、武器の消耗も激しい。

 でもやっぱりタイマンの戦闘で最強クラスであることは間違いない。以前動画で見たが、長距離プレイなら上記の弱点もだいぶ補えるのでかなり強いはず。初心者に使いやすく、かつやりこみにも向いているという味わい深いクラスと言える。


 残すクラス解放クエストは観光客のみ。せっかくなので今度は理騎士か忍者でプレイしてみたい。初使用でクリアできるだろうか。

片道勇者開発記: 四年の旅路

片道勇者開発記: 四年の旅路