読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

鳥居みゆきの面白さとスゴさに改めて気づいた、という話

見た

 前回までゲームのプレイ日記を書いていたので大変唐突ではあるのだが、お笑い芸人「鳥居みゆき」の話をさせて頂きたい。

 元々『あらびき団』あたりで知ってから鳥居みゆきの芸風が好きだったのだが、最近はあまりテレビで見かけなくなったので、ほとんど意識していなかった。

 のだが、Amazonプライムビデオで配信中のバラエティ番組『内村さまぁ~ず』に鳥居みゆきがゲストMCとして出演した回を見て、改めて鳥居みゆきの面白さを思い知らされた。「おもしろさをおもいしらされた」って早口言葉みたいだよね、どうでもいいけど。

 とにかく最初から最後まで内村とさまぁ~ずを翻弄し続けながらボケまくる。ボケっていうか「自由」。もちろんバラエティのノリとしてやっているわけだが、演技しているというよりも「素を全開で出したらこんな感じ」という印象なのが恐ろしい。

 ウッチャンに対して「ナンチャンが好き」と言い続けたり、サンミュージックの相澤社長や先輩芸能人をいじり倒したりという確信的なボケを、幼女のような天衣無縫さでやってのけるという異様さに、ちょっとした感動すら覚えてしまった。

 そこからうっかり鳥居みゆきにハマってしまい、この1週間ほどは時間があればYoutubeで検索して動画を見るという急性鳥居みゆき中毒を発症。ようやくほとぼりが冷めてからこの記事を書いている。いやはや。いやはやって漢字で書けるんだろうか。


 どうやら最近はあまり地上波のテレビには出ていないようだが、主演舞台をやったり映画に出たりライブをやったりと、そっち方面で活発に活動しているらしい。この間もNHKでやっていた横溝正史の短編を実写化したドラマに少し出てたし、BSフジのコント番組『東北魂TV』にレギュラー出演もしている。

 バラエティにはあまり呼ばれなくなったのかな、とも思ったが、小説を書いたりミュージックビデオの監督をやったりと、むしろ活動の幅は広がっていっているので、本人の意向が強いのかな、などとまるでファンみたいなことを想像したりしている。どうやらまだファンになったとは認めたくないらしい。

 それよりも驚いたのが、好きな漫画が丸尾末広、好きな作家が安部公房と夢野久作というセンスで、トークを聞いていると映画などにも相当詳しく、むっちゃ教養が深い。という教養のない表現しか出来ないのは単に僕に教養がないから。

 間違いなく只者ではない鳥居みゆきが、いつかスゴい何かをやらかすんじゃないか(犯罪的な意味ではなく)と少々期待しているのだが、どうやら近年のライブの概要などを見ているとカルト系というか、サブカル系というか、どうも玄人好みする方向に行っているように見えて少し心配でもある。別に玄人好みが悪いわけではないが、自分の趣向の範囲外なので。

 あと定期的に出演しているニコ生の番組の企画でInstagramを始めたらしい。「作られた自分に対して『かわいい』とかコメントがつくのがおかしい」みたいなことを言っていた。実にひねくれていてよいと思う。

www.instagram.com

狂宴封鎖的世界「シャングリ・ラ」 [DVD]

狂宴封鎖的世界「シャングリ・ラ」 [DVD]

SkyrimSE日記その21 クエスト「ソブンガルデ」「ドラゴンスレイヤー」をクリア、メインクエスト完了

skyrim

 クエスト「ソブンガルデ」と「ドラゴンスレイヤー」をプレイしたSkyrim。メインクエストのラストを飾るクエストである。


f:id:rhbiyori:20161202120828j:plain
 勇敢なノルドの戦士の魂が集まるソブンガルデにやってきたドヴァキン。アルドゥインを倒す方法を探して進む。


f:id:rhbiyori:20161202121105j:plain
 霧の立ち込む森の奥深く、出会ったのはストームクロークの兵士。この霧はアルドゥインが発生させているものらしく、戦士の魂を迷わせてそのスキに喰らっているという。なんたるチキン戦法。

 兵士と同行することになったが、突如鳴り響いたアルドゥインの咆哮に振り返ると、いつの間にか兵士の姿は消えていた。アルドゥインのおやつになってしまったようだ。南無。


f:id:rhbiyori:20161202121510j:plain
 霧を抜けた先には荘厳な建築物と、「ツン」が。ただの半裸の男ではなく、英雄の霊が集まる「勇気の間」のれっきとした門番。


f:id:rhbiyori:20161202121618j:plain
 道を通りたくば自分と戦って実力を示せ、と言うツン。実に脳筋のノルドらしい展開。

 アルドゥインより強いんじゃないか、という多数のプレイヤーの見解どおり、非常に強かったツンだが、「ゴールドール・ブラックブレイド」の体力吸収効果によりなんとか勝利。魔法嫌いのノルド的に、エンチャントに頼るのはアリなんだろうか。


f:id:rhbiyori:20161202122129j:plain
 鯨骨の橋を渡って勇気の間へ。ちなみに落ちたら問答無用で即死。霊体化を使ってもダメ。


f:id:rhbiyori:20161202122505j:plain
 勇気の間に入ると、ホワイトランにある同胞団の創始者「イスグラモル」が話しかけてくる。どうやらアルドゥインと戦ってくれる戦士が3人いるらしい。ここからクエスト「ドラゴンスレイヤー」が開始。


f:id:rhbiyori:20161202122710j:plain
 その3人こそ、かつてアルドゥインと戦った英雄、ゴルムレイス、フェルディル、ハコンの3人だった。なんとなく「三馬鹿」と呼びたくなるのは僕だけだろうか。特におバカというわけでもないのだが。


f:id:rhbiyori:20161202122958j:plain
f:id:rhbiyori:20161202123106j:plain
 アルドゥインに挑むドヴァキンと3人。晴天の空で霧を晴らす。パワーをシャウトに!


f:id:rhbiyori:20161202123359j:plain
 姿を見せたアルドゥインとの最終決戦。


f:id:rhbiyori:20161202123426j:plain
 ドラゴンレンドを当てて地に降ろす。ストーリー的には最高に盛り上がる場面なのだが、ゲーム的には普通のドラゴン戦に毛が生えた程度の難易度でしか無いのが悲しいところ。


f:id:rhbiyori:20161202123528j:plain
f:id:rhbiyori:20161202123536j:plain
f:id:rhbiyori:20161202123543j:plain
 最後はドラゴンベインの一撃でアルドゥインに勝利。するとその魂はドヴァキンに吸収されずに天へ登っていった。


f:id:rhbiyori:20161202124825j:plain
 ツンが英雄を呼び出すシャウトを教えてくれて、タムリエルへ送り返してくれる。


f:id:rhbiyori:20161202124942j:plain
 戻ったのは世界のノドの山頂。多くのドラゴン達がドヴァキンの戦いを見守っていたようだ。


f:id:rhbiyori:20161202125036j:plain
f:id:rhbiyori:20161202125041j:plain
 パーサーナックスに勝利報告。色々とお世話になりました。


f:id:rhbiyori:20161202125120j:plain
 アーンゲール師にも勝利報告。アルドゥインの魂が天に登っていったのは、アカトシュが最初に創った特別なドラゴンだからだろう、とのこと。


f:id:rhbiyori:20161202125324j:plain
 というわけでこれにてメインクエストは全て完了。お疲れ様でした。ファストトラベルしたらいい感じの立ち位置になったので記念撮影。これだとセロさんが主人公みたいだけど。


f:id:rhbiyori:20161202125348j:plain
 今まであまり見せなかったが、ドヴァキンの顔はこんな感じでした。プリセットをちょっとだけいじった感じ。


 メインクエストを無事終えることができたので、SkyrimSEはひとまず終了かな、といったところ。

 まだ一度もやってない闇の一党のクエストをそのうちやりたいのだが、当分先のことになりそう。っていうかやらない可能性のほうが高い。モンハンのダブルクロスが出たらそっちやるだろうし。


The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

SkyrimSE日記 その20 メインクエスト「世界を喰らう者の巣」をプレイ

skyrim

 メインクエスト「世界を喰らう者の巣」をプレイしたSkyrim。ソブンガルデへ続く遺跡「スクルダフン」を攻略するクエストである。


f:id:rhbiyori:20161201184732j:plain
 スクルダフンに到着。大量のドラウグルとドラゴン数体が待ち受けており、フォロワーなしのガチ勝負となる。そこそこ苦戦しながら進んでいく。


f:id:rhbiyori:20161201184839j:plain
f:id:rhbiyori:20161201184842j:plain
 南北にある塔は、クリアとは関係のないダンジョンとなっている。ラストダンジョンであるにも関わらずこういうのがあるのがSkyrimらしい。


f:id:rhbiyori:20161201184943j:plain
 ドーンブレイカーと霊体化と「逃げながら回復魔法(ポーション縛りなので)」を駆使して、正規ルートである「スクルダフン聖堂」へ。


f:id:rhbiyori:20161201185048j:plain
 ドラウグルを駆除しつつ、仕掛けを解きながら進んでいく。


f:id:rhbiyori:20161201185124j:plain
 Skyrim名物・爪で開く扉。ラストダンジョンらしくダイヤモンドの爪。


f:id:rhbiyori:20161201185218j:plain
 シャウト「ストームコール」を修得。一定範囲の敵にランダムで落雷を落とし続ける強力なシャウトだが、味方にも当たってしまうのとクールタイムが長いのが欠点。


f:id:rhbiyori:20161201185341j:plain
 ソブンガルデへの門の前にはドラゴンプリーストの「ナークリーン」が立ちはだかる。実はスルーしてソブンガルデへの門に飛び込むことも可能なのだが、ちゃんと戦ってあげることにする。


f:id:rhbiyori:20161201185624j:plain
 ナークリーンを倒し、門を再び開く。


f:id:rhbiyori:20161201185645j:plain
 門を通るとそこはノルドの戦士の魂が行き着く場所ソブンガルデ。最終決戦後である。


 これにて「世界を喰らう者の巣」は終了。次回でメインクエスト、及びSkyrimSE日記は最終回の予定。


The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】 - PS4