読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHXX体験版 ブレイヴスタイル片手剣の特徴と立ち回り

MHXX

 『モンスターハンターダブルクロス体験版』のブレイヴスタイルを使った感想をまとめる。今回は片手剣。

rhbiyori.hatenadiary.jp

ブレイヴスタイル片手剣の特徴(ギルドスタイルからの変更点)

  • 「バックステップ」「溜め斬り」が使用不可、納刀キャンセル攻撃以外の「回転切り」が使用不可
  • ブレイヴ状態時、「バックステップ連撃」「ジャンプ連撃」「真回転斬り」が使用可能
  • 納刀キャンセル攻撃:Xボタンで「ジャンプ連撃」、Aボタンで「回転斬り」

ブレイヴスタイル片手剣の立ち回り

 非ブレイヴ時はバックステップが使えなくなり、ブレイヴ状態になることでバックステップに似た性能の「バックステップ連撃」が使えるようになる、というのが大まかな性能。基本的なアクションに変化は無いので、従来からの片手剣使いならすんなり馴染めると思う。

 「バックステップ連撃」は各種攻撃中にX+Aボタンで派生できる、「①ステップしながら攻撃→②飛び込みながら攻撃」という連撃。①と②の間に斬り上げや回避に連携できるのもバックステップ同様。おそらく無敵時間もあるだろう。

 最初のステップはスライドパッドを入力した方向に出る(入力しないと後方)ので、バックステップという名称だが実質的には移動攻撃に近い

 移動速度・距離ともにかなりのもの。しかも①と②の両方で方向を指定できるため、アクロバティックに狩猟場を動き回ることが出来る。

 さらにバックステップ連撃から「ジャンプ連撃」に連携可能。こちらは「突進斬り→斬り上げ」に似たモーションの移動技。

 つまり実質三連続で移動技が繰り出せるという、どこぞの烈火拳のような突進ムーヴが可能となるのである。もし突進斬りから連携できれば四連移動技だったのだが、おそらくできない模様。

 しかしあまりに機動力が高すぎて小回りが効きづらく、片手剣のリーチの短さも相まって攻撃を当てづらいのが難点だったりする。融通の効かないヤツである。

 「真回転切り」はバックステップ連撃後にAボタンで出せる二段技の回転攻撃。使ってみた感じだとモーション値かひるみ値、あるいはその両方が高い様子。②の後にしか出せず、①の後に出そうとすると斬り上げが出てしまうので注意。

 抜刀でのアイテム使用が可能という点で納刀時間が遅くなるブレイヴスタイルに向いていると言えるが、元の納刀が早い武器だったので違和感は大きいかもしれない。ただ体感では他武器種のブレイヴスタイルよりは納刀時間が短い(要検証)。おそらく元の納刀時間が短い武器ほどブレイヴスタイルの納刀時間も短くなるのではないかと思われる。

 それと通常連携からの「回転斬り」が使えなくなるのも地味に痛い。代わりにバックステップ連撃を使えということか。

 納刀キャンセル攻撃は、突進技の「ジャンプ連撃」とゲージ増加量の多い「回転斬り」の2つ。いずれも使い勝手は良好。


 総じて言うと、バックステップ連撃を始めとする移動技で派手に立ち回りたい人向けのスタイルと言える。定点攻撃がやりにくいので強さ的には未知数。

MHXX体験版 ブレイヴスタイル太刀の特徴と立ち回り

MHXX

 『モンスターハンターダブルクロス体験版』のブレイヴスタイルを使った感想をまとめる。今回は太刀。

rhbiyori.hatenadiary.jp

ブレイヴスタイル太刀の特徴(ギルドスタイルからの変更点)

  • 練気ゲージの強化システムが「気刃大回転斬りを当てる毎に無色→白→黄→赤」から「ブレイヴ状態になると無色→青」に変更。それに伴い「気刃大回転斬り」が使用不可に
  • 「斬り下がり」「左(右)移動斬り」「気刃踏み込み斬り」が、ブレイヴ状態および納刀キャンセル攻撃化(非ブレイヴ時に通常連携で使用不可)
  • ブレイヴ状態時、気刃斬りⅠの出始めにカウンター判定あり。カウンターに成功すると「剛・気刃斬りⅠ」に変化。その後「剛・気刃斬りⅡ」「剛・気刃斬りⅢ」に連携可能。
  • 納刀キャンセル攻撃:Xボタンで「一文字斬り」、X+Aボタンで「斬り下がり」、スライドパッド+X+Aボタンで「左(右)移動斬り」、Rボタンで「気刃踏み込み斬り」

ブレイヴスタイル太刀の立ち回り

 練気ゲージの強化が一段階になったので、他スタイルよりパワーアップが簡単になったのが最大の特徴。とにかく戦っていれば自動的に強化状態になることが出来る。操作の複雑化がブレイヴスタイル全般の特徴だが、太刀に関してはむしろシンプルになったと言えなくもない。

 ブレイヴ状態で使用可能になる「剛・気刃斬り」は連携ルートが特殊。

  • 普通にRボタンを連打すると「気刃斬りⅠ」→「気刃斬りⅡ」→「剛・気刃斬りⅡ」→「剛・気刃斬りⅢ」と繋がる
  • 「気刃斬りⅠ」の出始めに攻撃を受けると、受け流しつつ即座に「剛・気刃斬りⅠ」が発動。その後Rボタンで「剛・気刃斬りⅡ」→「剛・気刃斬りⅢ」が繋がる
  • 「剛・気刃斬りⅠ」「剛・気刃斬りⅡ」からXボタンを押すと「斬り上げ」が発動。その後Rボタンで「気刃斬りⅠ」に戻る

 という感じ。剛・気刃斬りⅢ以外は見た目の区別が難しいので、一度連携ルート表を見て確認した方がいい。

 重要なのは、初段の「気刃斬りⅠ」が出始めにモンスターの攻撃を受けると受け流しつつ「剛・気刃斬りⅠ」で高速反撃するカウンター技になるということ。ほぼあらゆる攻撃をダメージ無しで防げる上に、ダメージも(おそらく)高い非常に優秀な技だが、カウンターの受付時間が短く使いこなすのは難しい。

 慣れてくるとランスのカウンター突きを上回るような連続カウンターラッシュを狙うこともできる。非常に楽しいがミスるとピンチになる諸刃の剣。

 「剛・気刃斬りⅡ」は前方に踏み込みながら放つことも出来るため、間合い調節がやりやすい。

 「剛・気刃斬りⅢ」はブシドースタイルの気刃無双斬りに似たモーション。打点が高く、仲間を巻き込みにくいため使いやすい。

 納刀継続が連携に組み込みやすいのも長所。納刀キャンセル攻撃でゲージをタメやすく、イナシも狙いやすい。

 納刀キャンセル攻撃は「気刃踏み込み斬り」のゲージ増加量が多く、ゲージ溜め能力も高い。

 基本的に抜刀状態で戦う武器なので納刀が遅くなってもあまりデメリットを感じないのも良い。

 ブレイヴ状態でも斬り下がり・移動斬りからの気刃踏み込み切りが出なくなるのはちょっとしたデメリット。代わりに出る気刃斬りⅠが強力なのでそれほど気にならないが。


 現状だとデメリットよりメリットが多く、ブレイヴスタイルに向いた武器だと言えると思う。あと狩技「練気解放円月斬り」との相性がかなり良い。

 モンスターの動きに慣れるほどカウンターを狙う機会も増えるので、取っ付き易くて奥が深いという、個人的にはかなりの良調整だと思う。

 ネックとなるのは練気ゲージ青色の強化が具体的にどれほどなのか不明という点。赤ゲージ以上という噂もあるが。

 それと、火力を出すために気刃斬りで攻めてしまうとカウンターが狙いにくいというジレンマがある。とっさにカウンターを出すためには相当なやりこみが必要だろう。

オマケ 連続カウンター狙いのコンボについて

 連続カウンターを狙う場合は「気刃斬りⅠ(カウンター狙い)」→「突き」→「斬り下がりor移動斬り」→「気刃斬りⅠ(カウンター狙い)」→…というループがお手軽。

 慣れてきたら「気刃斬りⅠ(カウンター成功)」→「剛・気刃斬りⅡ」→「斬り上げ」→「気刃斬りⅠ(カウンター狙い)」→…というコンボのほうがダメージは大きいと思われる。剛・気刃斬りⅡを移動で出すか否かを選べるようになると更にグッド。ただ、カウンターが成功したか確認してコンボを選ぶ必要があるので高難度。なんだか格闘ゲームじみてきた。


MHXX体験版 ブレイヴスタイル大剣の特徴と立ち回り

MHXX

 『モンスターハンターダブルクロス体験版』のブレイヴスタイルを使った感想をまとめる。今回は大剣。

rhbiyori.hatenadiary.jp

ブレイヴスタイル大剣の特徴(ギルドスタイルとの比較)

  • 非ブレイヴ状態時、「縦斬り」の溜め、および「強溜め斬り」が使用不可。
  • ブレイヴ状態時、回避がステップに変化。
  • ブレイヴ状態時、抜刀Xボタン(溜め)で「高速強溜め斬り」。
  • ブレイヴ状態時、抜刀中にXボタンで「強溜め斬り」、溜め解除前にAボタンで「強溜め移動斬り」に派生
  • 納刀キャンセル攻撃:Xボタンで「縦斬り(溜め可)」、Aボタンで「なぎ払い」

ブレイヴスタイル大剣の立ち回り

 ブレイヴ状態になるとステップ回避でスピーディに移動可能になるため、抜刀状態で立ち回る大剣というかつて無いプレイングが実用的になる。

 その際メインとなるのが「強溜め移動斬り」。抜刀中にXボタンで溜めを開始し、Aボタンを押すと前方に移動して攻撃する。

 これにより、安全な遠距離で溜め、攻撃したらステップで逃げるという、従来のスタイル以上に強力なヒットアンドアウェイ戦法が出来る。

 さらに抜刀攻撃も強化され「高速強溜め斬り」になる。短く前方に移動した後、「高速」の名に違わぬ非常に溜め時間の短い強溜め斬りを放つ。とにかく早い。目測でエリアル大剣の溜め時間よりも短いほど早い。これにより納刀状態からでも強力な立ち回りが可能。イナシも使いやすくなる。

 ほぼすべての攻撃から納刀継続に連携できるのも特徴で、イナシたり納刀キャンセル攻撃に繋ぎやすい。

 納刀キャンセル攻撃は、出が早い「なぎ払い」と溜めが可能な「縦斬り」。いずれもなかなか使いやすい。特に縦斬りを溜め3で当てたときのゲージ増加量が多く、二発当てれば即ブレイヴ状態が発動するほど。

 総じて言うとゲージが溜めやすくブレイヴ状態が強力、かつ操作がわりとシンプルなのでかなり使いやすいと言えるだろう。スキル「回避距離」があればブレイヴ状態がより強力になりそう。

 欠点は非ブレイヴ時の立ち回りにくさ。単なる納刀の遅い大剣という感じなので、特に動きの早い相手には苦労する。抜刀キャンセル攻撃の溜め斬りも当てにくい。

 ただ他の武器と比べると通常攻撃のブレイヴゲージ増加量が多めなので、抜刀縦斬りとイナシを中心にゲージを溜め、時々抜刀キャンセル攻撃を当てる、という立ち回りでもわりとゲージを溜めやすい。