読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHX日記 ソロで闘技大会オールAランククリア、「剣聖のピアス」と「増弾のピアス」を入手

MHX

 相変わらずモンスターハンタークロスをプレイ中。装備の都合でピアスが欲しくなったので、闘技大会クエストを進めた。

モンスターハンタークロス

モンスターハンタークロス

 今作の闘技大会は、全クエストクリアで「剣聖のピアス」全クエストAランククリアで「増弾のピアス」が手に入るという仕様。いずれも、どれかひとつの武器でクリアするだけでいい。なんというか、いつもどおりである。なおAランクの条件はどのクエストも10分未満のクリアとなっている。

 自分は弓装備を作るために「増弾のピアス」が欲しかったので、ハンターで7つ、ニャンターで3つある闘技大会クエスト全てをソロでAランククリアした。狩友? 野良プレイ? 知らんがな。

 過去作で何度も闘技大会をクリアしているし、全武器それなりに使えるので苦戦することはほぼ無く、どのクエストも2回以上失敗することはなかった。もっとうまい人なら全クエ初見クリアできるんだろうけど。

 せっかくクリアしたので、自分がどのように全クエスト攻略したかを書いておくので、皆様のご参考になるといいなぁ~(希望的観測)。あとついでに各クエストで使用可能な武器とスタイルについてもまとめておく。

ホロロホルル討伐

 ブシドー片手剣を使い、9分43秒で一発クリア。

 ホロロホルルは小回りの効く武器と相性が良い印象なので片手剣を選択。ブシドースタイルなので「鱗粉に対してジャスト回避→攻撃」というような連携が狙えるというのもあった。

 ただ、片手剣ゆえに火力はイマイチで、麻痺が何度も発動したにも関わらず結構時間がかかってしまった。刃薬が無いのも痛い。あとジャスト回避からの攻撃で乗りが発動してしまうのもソロプレイ的にはマイナス。

 火力を求めるなら攻撃力的にヘビィボウガンがいいのだろうが、ジャスト回避としゃがみ撃ちを駆使しつつキチンと弱点を狙うのは、もともとボウガン使いの人でないと難しいだろう。っていうかクリア後に実際やってみたら難しかった。無難に大剣やハンマーを選ぶ方が良いかもしれない

 使用可能武器はストライカー大剣、ブシドー片手剣、ブシドーハンマー、エリアルガンランス、ブシドーヘビィボウガン。

フルフル討伐

 ブシドーランスを使い、9分51秒でクリア。

 初回はブシドー太刀を使った。太刀に慣れているので余裕かと思ったが、慣れているゆえに逆に慎重に立ち回りすぎてしまいタイムオーバー。太刀を使うなら麻痺無効がついているのである程度ゴリ押しした方がいい。あとでやり直したら7分12秒でクリアできた。

 二回目は気分を変えてブシドーランスでプレイ。ブシドーランスは体験版で使ったきりだったが、それなりにフルフルと相性が良く、10分を切れた。

 注意点は、「放電→追加放電」の最初の放電でジャストガードからの十字斬りを出してしまわないこと。あと3方向ブレスはガード不可能なのでちゃんと避けるべし。

 他の武器もわりとフルフル向きの構成なので、エリアル双剣で強走薬を飲むもよし、ブシドースラッシュアックスで麻痺からのトランスラッシュを狙うもよし(フルフルは麻痺にしにくいが)、ライトボウガンで安全に戦うもよし、といったところか。

 使用可能武器はブシドー太刀、エリアル双剣、ブシドースラッシュアックス、ブシドーランス、ギルドライトボウガン。

ガララアジャラ討伐

 エリアル操虫棍を使い、7分37秒で一発クリア。

 戦法は至って単純で、ひたすらジャンプ攻撃。乗ったら顔を斬る。これだけ。

 虫のスピードが非常に遅いのでエキス集めに苦労するが、最悪赤エキス(顔と尻尾)さえ取れればいい。白エキス(前足と後ろ足)も取れればなおいい。橙エキス(胴体と背甲?)は勝手に取れる。

 スキル「飛燕」によりジャンプ攻撃の威力が上がっているのも相まって、飛び越えるように踏みつけジャンプ攻撃を繰り返していれば、あまり被弾せずに勝ててしまう。もちろん完全に思考停止なゴリ押しでは勝てないだろうけど。

 乗りダウンからの攻撃は、顔面を狙うのがベストなはず。乗り中に虫纏いがついているとダメージを稼げてグッド。

 使用可能武器はストライカー片手剣、エリアル操虫棍、ストライカースラッシュアックス、ストライカーチャージアックス、ブシドー弓。

リオレウス討伐

 ギルドハンマーを使い、9分7秒で一発クリア。

 頭の大きい飛竜種にはハンマーが有利、という経験則からハンマーを選んだが、狙い通りうまくいった。

 ただハンマーのブランクが結構長かったので*1、操作自体に慣れるまでに少々時間がかかった。縦3フィニッシュを三回くらい連続で外したときは思わずリタイアしそうになったものである。

 それでも戦い続けるうちに、振り向き途中の頭に溜め3スタンプを当てたり、滞空中に溜め2かち上げを当てたりと、なんとか徐々に勘を取り戻していくことができた。

 スキル「スタミナ奪取」がついているため疲労状態が早く発動、そこにスタン、さらに狩技「スピニングメテオ」を当て、さらにダメージは加速した。多分。

 全くの余談だが、今作のハンマーは全体的に相当テコ入れされているにも関わらず、相変わらず使用率は低いままらしい。頭狙わなきゃいけないスタンより、跳ぶだけでいい乗りダウンのほうが使いやすい、というのが主な理由だろう。ハンマーェ…。

 使用可能武器はブシドー片手剣、ギルド双剣、ギルドハンマー、エリアルランス、ブシドーヘビィボウガン。

ケチャワチャ討伐

 ブシドー太刀を使い、7分4秒で一発クリア。

 プレイ中はかなり苦戦してる感覚だったが、終わってみれば好タイムが出た。おそらく体力がかなり低めなのだろう。ケチャワチャはジャスト回避からの気刃無双斬りが当てやすいのもプラスに働いた。

 ただケチャワチャの攻撃力は意外に高く、秘薬も持っていないため、ちょっとした攻撃でも結構削られる。普段以上になるべくダメージを食らわないよう立ちまわりたい。

 他の武器を見ると、睡眠属性値が3しかないギルド双剣、ストライカーなのにスキル「飛燕」がついている狩猟笛、毒武器なのにスキル「ボマー」がついている操虫棍など、どうにもちぐはぐな構成が多いので、ソロでやるなら太刀か、火炎弾しゃがみ撃ちできるヘビィボウガンが良いかもしれない。

 使用可能武器はブシドー太刀、ギルド双剣、ストライカー狩猟笛、ブシドー操虫棍、ギルドヘビィボウガン。

ガノトトス討伐

 ブシドーライトボウガンを使い、6分38秒でクリア。

 全武器がユアミ装備プラスアルファという超軽装。そのため防御力が60前後しかない。しかも相手は高火力のガノトトス。一発喰らうと半分以上持っていかれる。おいカプコン、気は確かか?

 初回はガード重視でガンランスを選択したが、これが大失敗。エリアルなのでバックステップできないし、タックルをガードすると大幅に削られる。結局クリア自体が困難だと判断しリタイア。

 次に「ガノトトスには遠距離武器」というセオリーに基づきライトボウガンを選択。

 結果、距離を離して頭から胴体へ、もしくは胴体から尻尾へ貫通弾Lv1で撃ち抜く、という戦法だけで楽にクリアできた。

 コツとしては、やはり深追いし過ぎないことが重要で、ガノトトスが攻撃を終えて動き出すのと同時に自分も動ける、くらいのタイミングで攻撃し、明らかに攻撃が当たらなさそうな位置でも念のためジャスト回避のタイミングで回避しておくといい。

 警戒すべき攻撃は、駆け寄りからの尻尾回転攻撃、そして怒り時に多用してくる「正面水ブレス→なぎ払い」という新モーション。予備動作が長いのでそこで見極めよう。

 このモーションといい、同じく新モーションの溜めタックルといい、今回のガノトトスは初見殺し攻撃を多用してくるので、過去作で慣れているハンターほど注意が必要。

 使用可能武器はブシドー大剣、ブシドー片手剣、ブシドー狩猟笛、エリアルガンランス、ブシドーライトボウガン。

ブラキディオス討伐

 ギルド弓を使い、8分28秒でクリア。

 こちらはガノトトス討伐とはうってかわって、どの武器も装備・スキルが充実している。自分の得意な武器を選ぶといいだろう。

 初回はスキル「鈍器使い」を試すのも兼ねてブシドーハンマーを使ったが、ただでさえハンマーに慣れていない上に、ブシドースタイルによるモーション変化やジャスト回避後の攻撃に全く対応できず、結局13分もかかってしまった。

 それと後から知ったことだが、モンハンの近接武器は斬れ味黄色ゲージ以下になると「切り方補正」という特殊なダメージ補正がかかるらしい。詳細は割愛するが、たとえスキル「鈍器使い」がついていても緑ゲージをキープして戦うのがセオリーらしい。自分は一切砥石を使わず戦っていた。

 以上のことに留意しておけば、ハンマーとブラキディオスの相性は悪くないはずなので、普通に好タイムを出せるはず。

 二回目はギルド弓を使用。ブラキディオスは顔を水平撃ち(照準を使わない射撃)しやすいので相性が良く、10分を切れた。

 支給用大タル爆弾を2個、眠り投げナイフを2本持っており、かつ睡眠ビンを調合撃ち出来るので、ソロでも二回睡眠爆弾戦法が出来るはず……なのだが、自分は睡眠ビンを調合できることに気づかず一回しか眠らせられなかった。

 それとブラキディオスは頭に次いで尻尾も射撃に弱いのだが、プレイ中はすっかり忘れて頭だけを狙っていた。うっかりすぎるぞ。

 ところで弓の狩技「トリニティレイヴン」ってどれくらいダメージ出るんだろう。人気無いみたいだけど。

 使用可能武器はストライカー大剣、ブシドーハンマー、ギルドチャージアックス、エリアルガンランス、ギルド弓。

ドスマッカオ討伐(ニャンター)

 ファイトを使い、6分57秒で一発クリア。ここからはニャンタークエスト。

 五種類のサポート傾向から選ぶことができるが、ソロなので回復は除外、さらにボマーも火力が未知数なのでナシ。

 コレクトはブーメラン特化型なのでかなり惹かれたが、ゲージ回収率が悪くなること*2、経験上ドスマッカォはブーメランと相性が悪いことを考慮しパス。

 というわけでファイトかガードの二択だったが、サポート行動を重視するならファイト、ステータス上の攻撃力を優先するならガードという感じだろうか。

 おそらく普通にプレイするならファイトを選んで「憤怒の技」を使い、怒りラッシュ(怒り中にXボタン+Aボタンで発動)を使うのが一番楽で早いと思われる。

 しかし初見ではそのことに気づかず、ファイトの「鬼人笛の技」と「ネコまっしぐらの技」主体で戦ったが、それでもわりと楽にクリアできた。

 ニャンター初心者のために書いておくと、立ち回りで使いやすいのはブーメラン連撃(X3回→A、もしくはR+X→Aで出せる)、定点火力が高いのはネコ大車輪(X5回目、もしくはR+X→X→X)なので、このあたりを主力で戦えばタイムが縮むはず。

 使用可能なサポート傾向はファイト、ガード、回復、ボマー、コレクト。

ゲリョス討伐(ニャンター)

 ガードを使い、7分36秒で一発クリア。

 「緊急撤退の技」「武器強化の技」を使えるのでガードを選んだ。またゲリョスは閃光をガードする機会が多いので、ガード(アクション)でゲージが溜まりやすいガード(サポート傾向)が適しているのではないかと考えた。結果、わりと狙い通りの展開になったと思う。

 麻痺+打撃武器なので、頭を狙い続けることでスタンを奪うこともできた。ただゲリョスは頭以外の打撃ダメージの通りが悪い。なので切断武器のファイトで近接攻撃したり、コレクトでブーメランを投げるのもいいかもしれない。

 っていうかこれを書きながらコレクトでプレイしたら、7分19秒でクリア出来た。常に「貫通ブーメランの技」をキープするのがポイント。

 使用可能なサポート傾向はカリスマ、ファイト、ガード、回復、コレクト。

鳥竜種2頭討伐(ニャンター)

 ファイトを使い、8分2秒でクリア。

 闘技場でドスゲネポス、ドスイーオスと同時に戦うという、ソロプレイには厳しいクエスト。分断柵が使えるが効果時間が非常に短いので、使わないほうがマシ。

 初回は普通に安全重視でドスゲネポスから順に倒していったが、結果は10分2秒という非常に惜しいタイム。さすがにショックだったが、このクリアで剣聖のピアスだけが手に入った。

 二回目は作戦変更、なるべく早く「憤怒の技」を発動し、怒りラッシュでゴリ押しする戦法で行くことに(再度書くが、怒りラッシュの出し方は怒り中にXボタン+Aボタン)。

 怒りラッシュはXボタン連打で継続して出し続けることができる。ゆっくり移動しながらの攻撃が可能で、攻撃範囲が狭いドスゲネポス、ドスイーオスなら周りをぐるぐる回りながら張り付けばほとんど攻撃を喰らわず一方的に攻められる

 しかも近接攻撃でゲージが溜まりやすいファイトなら、怒りラッシュによってガンガンゲージが溜まるため、またすぐに「憤怒の技」で怒りを発動できる。いわゆる怒りラッシュループである。

 結局二回目はあまり苦戦せずクリアできた。他のサポート傾向はイマイチなので、やはりファイトがオススメ。

 使用可能なサポート傾向はカリスマ、ファイト、回復、ボマー、コレクト。どーでもいいけど闘技大会にアシストブーメラン型ニャンターがひとつも無いのはなぜだろう。強いのに。

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

モンスターハンタークロス 公式ガイドブック (カプコンファミ通)

  • 作者: 週刊ファミ通編集部,週刊ファミ通編集部(書籍)
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 発売日: 2016/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

*1:前作MH4、MH4Gではほとんどハンマーは使わず、MH3Gはゲーム自体ほぼプレイしていないので、実質MHP3以来ということになる

*2:ニャンターはサポート傾向によって特定の行動によるゲージ回収率が高くなる。