思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

Dishonored2プレイ日記 ノーキルを狙うための戦略を考える

 気がついたら『Dishonored2』にハマっている。最初はイマイチだったのが、すっかり虜に。やっぱ自分は根っからのステルスアクション好きなんだな、って。

Dishonored 2 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

Dishonored 2 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

 ステルスアクションをやるならなるべくノーキルでやりたい。「不殺の誓い」みたいでかっこいーし。アサシンクリードみたいにキル前提のシステムのゲームは別として。

 しかしDishonored2でノーキルを狙うのはかなり根気がいる。主にロード時間と言う名の強敵のせい。ゆえにノーキルを渋々諦めた、という話は前回書いた。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 それでもなるべくキルは少なくしたいと思い、色々工夫しながら進めている。現在やっとミッション7。

 その工夫について書いておけば、今後ノーキルを狙う人の参考になるんじゃないか、というのが今回の記事の執筆意図。というわけで早速。

超常能力・アビリティ

 キャラはエミリーでやっている。超常能力はまず「ファーリーチ」は必須。高所からの潜入、敵からの逃走など用途は多岐にわたる。

 さらに「プルエネミー」まで強化すれば、戦闘中でも敵を引き寄せて首絞めできるようになる。大変便利。

 ただし首絞め中に敵に攻撃されると、締めてる敵に当たってキル扱いになってしまうので注意。全然納得行かないけど仕様だと思って諦めよう。

 次にダークビジョンも初回プレイならほぼ必須だろう。敵の位置がわかるのも便利だが、強化でアイテムが見えるようになるため、アイテム集めの効率が段違い。いちいち発動させるのがメンドーなのでトグル式にして欲しいくらい。

 「シャドウウォーク」も取得してみたが、これは正直ビミョーであった。

 というのもこの能力、敵が密集していると一人を気絶させたところでバレてしまうのである。しかもバレたらスキだらけ。そのわりにマナを消費するので多用できないし。

 敵をスルーしていくスタイルなら利用価値があるだろうが、アイテムを集めようとするとどうしても敵を倒す必要がある場面が多いので、あまり使いどころがない。

 説明文だけを読むと「ドミノ」や「メズマライズ」の方が使えそうだが、今更そっちをとってもルーンが足りなくなりそうなので諦めている。


 アビリティは戦闘派の場合は「パリーマスター」があると戦闘中の首絞めが狙いやすくなる。パリーは敵の攻撃にタイミングを合わせてガードすることで敵をよろめかせるテクニック。

 逆に逃走派の人はダッシュが速くなる「ラピッドダッシュ」があるといいだろう。

アイテム

 装備やアイテムでは、敵を眠らせる「麻酔ボルト」がやはり有効。効果が即効になるアップグレードは大変便利なので確実に設計図を見つけておきたい。ただし所持数は5発が限度。普通のボルト捨てていいから麻酔を持て、と前作でも思った。

 また「スタンマイン」は強化すると1個で複数の敵を気絶させられるスーパー便利アイテム。スタンマインを設置した場所に「ハウリングボルト」で敵を集めて一網打尽にする、というコンボは誰もが思いつくだろうが実際有効である。これでスタンマイン自体を投擲できれば文句なしだったんだけど。

 クロスボウやピストルはノーキルには関係ない、と思いきや、射撃でひるませて首絞めというコンボが可能だったり、対機鋼兵に必要だったりするので、なるべく強化しておきたいところ。

 攻略とは全く関係ない個人的な要望を言うと、殴って電気ショックで敵を気絶させられ武器とか、スモークグレネード的なヤツがあったらノーキル狙いやすいのにな、と思う。