思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

PS Storeの東京ゲームショウ関連セールで『アサシンクリード シンジケート』他2本を購入

 先日ウィッチャー3の2つのDLCをクリアした。って、もう1つのほうの感想を書くの忘れてた。今度書こう。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 で、思った。何か「AAAタイトル(という言葉を最近メタルギアの小島監督がインタビューで多用していた。どうやら「超大作」の意味らしい)」を新しく始めたいな、と。

 現在メインでプレイしているのは『ギルティギア イグザード レヴツー』をそれなり、『オーバーウォッチ』をぼちぼち、という感じ。スマホ版『ドラゴンクエストV』はデボラで一周し、二週目でフローラを選んだところで流石に飽きてきた。

 ギルティもOWも対戦ゲーム。決して対戦大好きなわけでもない凡ゲーマーとしては、一人用でまったりやれるソフトも用意しておきたい。まもなくやってくる台風で外出不可になるかもしれないし。

 と、そんな目的でPS4を起動しPS Storeをチェックしたところ、来週開催の「東京ゲームショウ 2017」の関連セールが行われていた。渡りに船とはこのことか。単にカモにされてるだけ、とも言う。

 色々吟味し購入したのが以下の3本。はてな記法の表組み表記に初挑戦。

  • Assassin's Creed Syndicate ゴールドエディション:3,780円(50%オフ)
  • 人喰いの大鷲トリコ:2,980円(30%+PSプラスで30%=50%オフ)
  • Dishonored 2:2,280円(30%+PSプラスで20%=50%オフ)

 『アサシンクリード シンジケート』はDLC付属のゴールドエディション。パッケージ版の廉価版と同じくらいの価格。廉価版の方にDLCがついてるかどうかが調べてもよくわからなかったが、損にはならないだろうと購入。以前の記事でやらないかもと言ってたのに。

 『人喰いの大鷲トリコ』は、来年PS4リメイクが発売予定で同じ製作者による『ワンダと巨像』を待って先にプレイするかどうか迷ったが、紹介映像を見ていたらメチャクチャ好みっぽかったので思わず購入。

 『ディスオナード2』は前作のディスオナード(無印)をクリア済み。「前作を超えるほどではないが同じくらい面白い」というSteamにあったレビューを読んで買うことにした。TGS後にDLCが配信予定らしい。

 他には『ゴーストリコン ワイルドランズ』や『ウォッチドッグス2』もやりたかったのだが、それほど安くなかったので見送り。


 で、早速『アサシンクリード シンジケート』をプレイ。

 今作は現代編が完全にムービーのみになっているという話を聞いていたのだが、実際見てみるとちょっと違和感。ただ過去作のキャラが最新画質でちゃんと動いているところを見るのはちょっと感動。

 プレイパート開始後、いきなり画面全体がチラつくという謎のバグが発生。しかしアサシンクリード経験者ならこの程度のバグには動じない。再起動したら治ったのでそのままプレイ続行。

 全体的に前作『ユニティ』の不満点を改善しようという意図が見られて良い。ただ本編だけで10作近く制作されているタイトルなのに、未だに操作性がコロコロ変わるのはなぜなのか、と思わなくもない。

 兄妹のキャラもなかなかいい。しかしロンドンの街並みはあまり美しくない。史実通りだから仕方ないと言えば仕方ないのだが。そういえばディスオナードもイギリスモチーフの架空都市だったっけ?


 というわけで、当面はプレイするゲームに困ることはなさそう。最近は「やりたいゲームがあるからやる」というより「とにかく何かゲームをやりたいからイイ感じのものを探す」みたいな感じになっている。トシのせいだろうか。ゆくゆくは「本当は面白くないけどゲームしてないと寂しいからやる」みたいな感じになってしまうのか。

 そんなゲーマーの末路についてはなるべく考えないようにしつつ、今日の記事は終わり。これが考えない勇気ってやつか。違うか。

Dishonored 2 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

Dishonored 2 【CEROレーティング「Z」】 - PS4