思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

一人研究会

 というわけで、

関係する女 所有する男 (講談社現代新書)

関係する女 所有する男 (講談社現代新書)

 を読む。相変わらずいかがわしいけど面白い。

 ジェンダーとは社会的性別では無く、社会的な性のあり方を指す。なるほど。

 男女の差異は無くならないが、差異によって不利益を被ること=差別を無くしてゆかねばならない。確かにね。

 だからといってあの罵倒はあり得ないと、今でも思っているけど、それを僕が言う必要は無かったね。

 誰の中にも無意識的な差別意識はあるけど、それを責められる謂われはないだろう。本人が気づくように指摘してゆくしかない。

 まぁ、今回の反省会はこんな所にしとこうかな。