思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『MGSVGZ』スマホアプリ版のマザーベースモードをプレイ

 『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』連動スマホアプリのマザーベースモードをプレイしている。第四世代iPod touchだが、たまに処理がモタつく以外は普通にプレイ可能。画面がちょっとちっちゃいけど。

 マザーベースモードの内容は、マザーベースを大きくしていき、兵士を雇い、戦車や軍用ヘリやメタルギアを生産し、戦場に出て戦うというシミュレーションゲームである。だいぶ前にプレイしたのでうろ覚えだが、MGSPWのOuter OPSモードに近いと思う。

 戦場に出てミッションをするには、指揮官が必ず一人必要で、その指揮官はMGSPWのスネーク、カズ、アマンダなどの面々。さらに、登場するメタルギアも同じくMGSPWのピューパ、クリサリス、メタルギアジークなど。なのであまり新作感はない。

 兵器を作ったりミッションをこなすにはゲーム内での時間がかかる。ゲーム内の時間は基本的にはリアルの時間と同じスピードで進んでいるのだが、早送りボタンがついており、ゲーム内の時間を進めることも出来る。早送りボタンは、使うほど早送り出来る時間が減っていくが、リアルの時間が1秒進む毎に、早送り可能時間も1秒回復しストックされる。ストック可能な時間は最大で5時間。

 つまり簡単に言うと、溜めた時間を使ってゲームをプレイし、溜め時間が無くなったらしばらく待ってプレイする、という形になる。ちょっとしかプレイしていないので詳しくは知らないが『艦隊これくしょん』のようなゲームに近いのではないかと思う。

 昨日から結構プレイしていて、現在プレイヤーレベルが50を超えたところ。このゲームをやっておくと本編で何らかの特典があるらしいが、どんな特典があるのかはまだわからない。

 一応簡単に攻略法的なことを書いておくと、兵士や兵器のレベルが上げ、指揮官の負傷により出費しないために、なるべく簡単なミッションを繰り返しやり、地道に少しずつレベルと資金を稼いでいくのがコツではないかと思う。

 どっちにしろ時間をかければドンドン進んでいくタイプのゲームだと思われるので、難しいと思う人は気長にプレイすればよいのではないかと思う。

 本編のMGSVGZの方は、発売日の明日、というか今日買ってプレイする予定。プロローグなのでゲームとしてのボリュームは少なめらしいが、やはり新世代のメタルギアがプレイできるというのは楽しみである。

メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版

メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版