読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

GGXrd稼働!というわけでさっそくプレイしてきた

 ついに来ました。ギルティの新作、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』。待ち望んでおったぞよ。ACPRほとんどやらなかったけど。

 とりあえず一人用をやりたかったので、一駅隣の寂れたゲーセンで初プレイ。思ったとおり人がいなかった。

ストーリーモード

 Aimeカードの登録はガラケーのIC機能を使った。まずはストーリーモードをプレイ。キャラはソル。フル3Dのムービーは、ロケテで一回見たものの、やはりカッコいい。全キャラ見たくなる。

 操作感もロケテの通り。実にギルティしている。が、筐体がぼろくてレバー上が入力されづらい。おまけにボタンが一個外れかけている。昭和感あふれる筐体である。それでもなんとか頑張って全クリした。

 ストーリーは、最初と終盤以外、仮面の男と仮面の女が謎の会議をするという、バトル漫画に「ありがちなやつ」だけだった。アケの格ゲーに壮大なストーリーを求めてはいけない。

 ラスボスは、大体予想できるだろうから書くけどヴァレンタイン。結構強いが、旧作のボスイノ程度の強さ。ボス聖ソルほどではない。なんかガンマレイみたいな覚醒必殺技を撃ってきた。対処法はようわからん。

 エンディングは尻切れトンボで、いかにも「家庭用に続く」といった感じ。

トレーニングモード

 次に、筐体の反対側に回ってトレーニングモードをやった。こっちの筐体はコンパネは問題ないものの、スピーカーがおかしいらしく、音が盛大に割れまくっていた。これはヒドイ。

 トレーニングモードの制限時間は7分。スタートボタンで「相手キャラ」と「CPUのレベル」、「対戦募集表示」を変えられる。

 相手キャラを変えるたびに(スキップ可能とはいえ)いちいち演出が入るのはまぁしょうがないが、演出中も制限時間が減るという仕様になっている。おまけに敵キャラは体力自動回復しないので、KOするたびに演出が入り、やはり時間が減る。うーん。

 CPUのレベルは、レベル1だと何もしない棒立ち状態、レベル2でたまに攻撃してくる程度、レベル3で普通のCPU戦と同じっぽい、といった感じ。「立ちしゃがみ」とか「ガード」とか「受け身」といった設定は一切無い。

 対戦募集表示をオンにすると、画面上部に「対戦相手募集」的な(細かい文面は忘れた)メッセージが出る。ただ、オフにしたら乱入できなくなるとかそういった強制力は無いと思われる。

MOMモード

 そのあと地元駅のゲーセンにも行ったが、思ったより人がいなかった。何のために遠くゲーセンに行ったのか。しょうがないのでMOMモードをプレイ。

 MOMモードは、ざっくり言うと、既存のMOMモードにショップ、アイテム、宝箱の要素を加えた感じ。

 ゲームを開始するとブリーフィングになり、メダルを使ってショップで買い物したり、アイテムを装備したりできる。買えるのは主にステータスアップアイテムと、戦闘中に使えるアイテム(後述)。ブリーフィングのあと、対戦に移る。

 対戦は、六角形のマスに配置されたステージから相手を選んでいく、という方式。一人倒すとその周囲六方向の相手と戦えるようになる。スゴロクみたいな方式。

 対戦自体は普通のCPU戦とほぼ同じ。対戦相手は体力が低いものの、倒す度にメダルを落としつつ復活するので、何度か倒す必要がある。

 最後の復活の後、赤く光るボスモードになる。ボスモード中は常時ハイパーアーマーで、「特定の攻撃数回→挑発(敬意?)モーション」というパターンで攻撃してくる。なので、攻撃を回避or防御した後、挑発モーション中に攻撃、というパターンで戦うと安全に倒せる。

 ボスモード中にある程度ダメージを与えるとアーマーが解除され(このとき高確率で青バーストを使ってきた)、KO可能になる。そしてKO後に宝箱を落とす。この宝箱は一定回数攻撃を加えると開けることが出来る。うっかりグランドヴァイパーでKOしてしまい、背中側に宝箱が落ちたりすると、壊すのがかなり難しくなる。宝箱からはメダルやアイテムが手に入る。

 ロード中に表示されたメッセージによると、宝箱の中には開けるのに特定の条件が(炎を当てる、連続攻撃を当てる等)必要な物があるらしい。また、KO後に(確か)Dボタンを押すと「マスターキー」を消費して自動で宝箱が開きアイテムを入手できるらしい。で、そのマスターキーの入手方法はMOMモード中に乱入されて負けること。MOMモードを中の乱入がデメリットにならないようにする配慮だろう。

 で、戦闘中には前述の戦闘用アイテムが使える。使用方法は、スタートボタンか未使用ボタンを押して発動。初期装備として爆弾を持っているので試しに投げてみる。一定時間で爆発し、相手だけでなく自分に対しても判定がある模様。どうやらファウストが投げる爆弾と同じものらしい。

 他にもガンフレイムやスタンエッジを装備して使うことが出来るらしい。飛び道具って着脱可能だったのか。

 なお、一度倒した相手はそのままだと再戦不能だが、星印がついた敵を倒すと復活し、再び戦えるようになった。1クレジットで10ステージプレイできた。

 そこまでやり込むほどではなさそうだが、対戦待ち中の時間つぶしにはちょうどよさそう。なんならこのモードで作ったキャラで対戦できるモードとかもあったら、カオスになって面白いかも。

対戦

 そのあと別の筐体でやってる人に乱入して対戦したが、どうやら向こうはギルティ勢ではなかったらしく、楽に勝ってしまう。申し訳ないことをした。

 ソルの性能の話をするなら、砕けろの追加、ファフニールが端で追撃可能、ドラゴンインストールの強化など、結構強化されている感じ。まぁ他キャラと比べてみないとなんとも言えないか。あとDループは2ループくらいいける。

 システム面ではやはりロマキャンの仕様変更はデカイ。空振りでもロマキャンできるので、暗転見てからロマキャンなど、アルカプのXファクター的な使い方ができそう。時間減速を利用して滞空空中投げ、というのも実戦で決められた。

 ブリッツシールドの方も使ってみたが、やっぱり強い。ただ成功したかどうかが見ててイマイチわかりづらいし、成功時に相手が無防備になる時間もわりと短いので、確認が大変かも。

 総じて言うと、完全新作にふさわしい出来、ではあるものの、キャラがまだまだ少なかったり、トレーニングモードがあまり充実していなかったりと、今後ドシドシパワーアップして面白くなっていく余地があると思う。特に旧キャラの追加は誰もが待望しているだろう。

 今後もアークシステムワークスには頑張って頂いて、いつの日か「カ○コンVSアーク」をプレイしたい。是非。