思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MGSV:TPP日記 今さらFOBを開始、潜入や防衛設定のコツなど

 MGSV:TPP発売から一ヶ月ほど経った今頃になって、ようやくFOBを本格的に始めた。本編を大体クリアしたので。

メタルギアソリッドV ファントムペイン

メタルギアソリッドV ファントムペイン

 初めてプレイした時は文字通り右も左もわからず、高レベルのFOBに潜入して速攻でボコられていたが、解説プレイ動画などを見て研究して、それなりに遊べるようになってきた。

潜入のコツ

 FOBミッションの特徴は、高レベルになればなるほど敵が強く、かつ多いということ、そしてマップがかなり狭いということが挙げられる。

 それらが何を意味するかと言えば、敵に発見されると抵抗する間もなくやられてしまうのである。

 そのため通常のミッション以上に敵に見つからないことが重要となる。移動は基本的にホフクか中腰で、なるべくプラットフォームの中央は避けて通るといい。

 よって服装はバトルドレスよりスニーキングスーツがオススメ。グラウンドゼロズのスニーキングスーツは通常のものよりステルス率が高いらしい。回復速度が遅いけど。


 またFOBは時間との戦いであるため、邪魔な敵を速やかに排除する必要がある。そのため気絶・睡眠武器より殺傷武器の方が有効。アーマーも貫けるし、カメラも壊せる。

 見知らぬ対戦者の兵士を殺害するのはちょっと気が引けるかもしれないが、FOBでは敵兵を殺害しても大半が怪我扱いになり、そのうち復帰できる。心の中で「ごめんなさい」と謝りながら、容赦なく弾丸をぶちこむのがFOBで勝つ秘訣である

 マップが狭いということは、裏を返せば、敵を倒して警戒されても次のプラットフォームに逃げればなんとかなる、ということを意味する。さらにFOBミッションは警戒開始からの解除までの時間が通常のミッションより短い。よって、目の前の敵は警戒されること覚悟でどんどん倒して進むのがセオリーとなる。

 武器種については、近距離ではショットガン、遠距離ではスナイパーライフル(対物ライフル)がいい。もちろんサプレッサーつき。スタンアームなんかも使える。


 とは言うものの、通常ミッションのような陽動プレイもやはり有効。マガジンで後ろを向かせたり、デコイで注意を引いたり、睡眠グレネードで眠らせたり。あと無音で敵を殺害できる火炎瓶も、FOBでは有効。ツノが伸びるけど。

 アイテムではノクトシアニンが役立つ。一定時間、マーキングしていない敵の位置がわかるようになるアイテムで、策敵する場所も時間もないFOBでは是非欲しい。


 敵で一番厄介なのが空を飛んでいるドローンカメラ。どこから飛んでくるか予想がつかない上に、頑丈で倒しにくい。オマケに(確か)ノクトシアニンも効かないときている。見つけ次第全て撃墜してしまうくらいの心構えで行こう。


 なお以上の話は、敵プレイヤーがいない時の話。もし敵プレイヤーが潜入を妨害しに来た場合、潜入を成功させるのは非常に難しい、らしい。自分はまだプレイヤーに出会ったことがない。

防衛設定のコツ

 他人のFOBに潜入すれば、当然報復が来る。報復を防ぐためには防衛設備を強化する以外に、プレイヤーが設定をして防衛能力を高める必要がある

 まず前提として、自分のFOBにレベル2以下のプラットフォームがあると、潜入成功される確率が飛躍的に高まる。プラットフォームが2つ以下だと潜入の難易度が下がるからだ。自分でプレイしてみればわかると思う。

 よってFOBを建築する際は、全てのプラットフォームを満面なく建てるのではなく、一つを一気に高レベルまで上げたほうが安全性は高まる。まぁ実際にやってると、そんな余裕ないんだけどね。


 防衛設定についてだが、まず簡易設定で警備レベルを「最高」にするのがオススメ。大量のGMPを消費するが、消費するのは潜入された時だけだし、潜入阻止に成功すれば報酬が貰えるので問題ない。

 そして詳細設定で兵士の装備を「遠距離」にすることを推奨。狙撃兵の視野距離の長さ、およびスナイパーライフルが強さがその理由。

 殺傷と非殺傷を選べるが、基本的には殺傷のほうが防衛率は高まる。ただしPC版の場合、体力無限のチートを使用する不逞の輩がいるそうなので、チートで防げない非殺傷にしたほうがいいらしい。