思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

Pioneerのイヤホン「SE-CH3T」を購入

f:id:rhbiyori:20180815091752j:plain
イヤーピースはソニー「ハイブリッドイヤーピース」に交換済み

 イヤホンが断線したので買い替え。Pioneerの「SE-CH3T」。カラーはシルバー。

 前々から言っているが、最近イヤホンを選ぶときの基準は音質よりも「ハウジングの小ささ」と「左右の判別のしやすさ」といったあたりになっている。日用品なので取り回しの良さを重視したいお年頃(?)なのだ。

 そんな自分が今回イヤホン探しをしていて見つけたのがコレ。小型ハウジングであり、左側にリモコンが付いているため判別も容易。価格も3,000円程度でお手頃。

 また振動板に「グラフェンコート」という耳慣れない技術を用いているのが気になった。どうせだったら新しいものを試してみたい。というわけで早速購入。以下、使った感想。


 ハウジングは事前の予想通り小型で軽量。装着感もかなりいい。ただ若干細長いので、横を向いて寝ながら使うと耳に当たる感じがある。

 デザインはなかなかオシャレで、特にハウジング部分のミニマルなたたずまいがかなーりイイ感じ。いい意味で日本メーカーっぽくない。

 ケーブルの質感は至って普通。最近他社製だと滑りやすくなめらかな素材にすることで絡み防止している製品もあるが、これはゴムっぽくて滑りにくい昔ながらの質感。

 リモコンは再生/停止の1ボタンのみ。シンプルで誤操作が無いのでわりと好印象。軽いので邪魔にならないのも良い。個人的に他のイヤホンも見習って欲しいなと思う。マイクもついているが性能は未確認。

 ハウジングが細めなため、外の音を遮断する効果は若干低め。またハウジング下部にごく小さな穴が2つ空いているためか、音漏れも少しあるが、普通に使っていて気になるレベルではないと思う。

 音質についてだが、高音から低音までバランスよく出ているように感じる。音の広がりもそれなりにある。強めの低音を求める人にはやや向いていないかもしれないが、自然な音を求めている人には良さげ。

 いわゆる解像度に関してはそこそこといった印象で価格相応。

 特に気に入ったのが打楽器のアタック感が小気味よく聞こえるという点。なんとなくグラフェンコートのおかげな気がするが定かではない。

 一方でボーカルやギターといったあたりの中音域に関しては少々埋もれがちかもしれない。


 というわけで総合的にはなかなかの満足度。現在は主にノートパソコンのイヤホンジャックに刺して使用している。

 なおPioneerのグラフェンコートを用いたイヤホン上位機種として「SE-CH5T」と「SE-CH9T」がある。ハウジングが大きいため自分の好みからは外れるが、音質は似た傾向なハズなので、自然な音色のイヤホンを探している人にはお勧めできると思う。