思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

Minecraft日記 ウィザーを初討伐

 ウィザーを倒した。なにげに今までウィザーを一度も倒したことがなかったので、生涯初のウィザー討伐となる。まぁ、さんざんプレイ動画で倒し方を見ていたので、あまり初めてという感じがしなかったが。

ウィザーとはなんじゃいな

 ウィザーというのは、Minecraftに登場するボスキャラで、攻略上必ずしも倒す必要はないが、倒すとレアアイテムを入手できるという、いわゆる裏ボス的なやっこさんである。

S.H.モンスターアーツ キングギドラ

 一つの体に三つの頭を持ち、空を飛びながら攻撃してくるという、キングギドラじみた特徴を持っているが、攻撃方法は顔面を飛ばして爆発させるという奇抜な感じとなっている。

ウィザーと戦うためには?

 そんな顔面飛ばしのスペシャリストであるウィザーだが、コイツと戦うための条件は、自らアイテムを使って召喚する、というもの。

f:id:rhbiyori:20150208235958p:plain

 画像のように、T字型に「ソウルサンド」というブロックを並べ、その上に「ウィザースケルトンの頭」を一個ずつ乗せる。いずれもネザーのみで手に入るアイテムとなっている。

 ウィザースケルトンの頭を三つ並べた瞬間、ウィザーが召喚される。というかそれらのアイテムとブロックがウィザーに変化する、と言った方が近いか。

 登場後少し待ってから、ウィザーが行動を開始し、戦闘開始となる。

必勝!ウィザー攻略法

 そんな召喚するのに若干手間のかかるウィザーさんだが、マトモに戦おうとすると非常に手強い相手となっている。

 なにしろ高速で空中を飛び回りながら、爆発+毒+体力吸収効果のある頭をガンガン飛ばしてくる。しかもこの爆発は、ほぼ全てのブロックを破壊してしまうので、どんどん地形が削られ、ウィザーを追うのが難しくなる。

 プレイヤーだろうがモンスターだろうがブロックだろうが、見境なく破壊し尽くすその様は、まさに破壊神。Minecraft最強のモンスターであると言って差し支えないだろう。

 そんな無慈悲の塊のようなウィザーはんだが、実はわりと簡単に倒す方法が見つかっていたりする。

 その方法とは、地下に高さ2ブロック分、幅1ブロック分の長いトンネルを掘り、その端でウィザーを召喚して、あとはトンネルを後退しながらウィザーを攻撃し続ける、というもの。

f:id:rhbiyori:20150209001846p:plain

 ウィザーは体が大きいので高さ2、幅1のトンネルを通り抜けられない。なのでブロックを破壊しながらこちらに近づこうとしてくるのだが、その接近速度はプレイヤーの後退速度よりも遅い。なので、ひたすらトンネル内を下がりながら弓矢で攻撃していけば、ダメージを受けずに体力を削ることができる。

 体力が半分以下になったウィザーはバリアを張り、弓による攻撃を受け付けなくなるので、そうなったら攻撃が届くギリギリの距離をキープしながら剣で残りの体力を削りに行く。これで全くダメージを受けずにウィザーを倒すことができる。

 この方法なら装備が整っていなくてもプレイヤースキル次第でウィザーを倒せてしまうが、事故に備えてなるべく強力なエンチャントのついた装備で挑みたいところ。

 たいていのプレイヤーは鉱石を集めるために地下にトンネルを掘っているに違いないので、そのトンネルをそのまま使えるというのもこの方法の強みだが、ウィザーを召喚する場所はなるべく拠点から遠くにしておかないと、うっかり倒し損ねた時に大惨事になりかねないので注意。

ウィザーを倒すと「ネザースター」が手に入る

f:id:rhbiyori:20150209003102p:plain

 無事ウィザーを倒すと、「ネザースター」というアイテムが手に入る。

f:id:rhbiyori:20150209003200p:plain

 で、このネザースターをガラス、黒曜石とクラフトすると「ビーコン」を作れる。

 ビーコンは、設置して起動することで、一定距離内にいるプレイヤーに、ブロックを破壊する速度が上がったり、ジャンプ力が上昇したりといった特殊効果を付与できる便利アイテム。ただし起動するためには鉄、金、およびダイヤの鉱石を固めて作るブロックを上から3個✕3個、5個x5個、7個x7個、9個x9個とピラミッド状に積み上げ、その上にビーコンを置く必要がある。

f:id:rhbiyori:20150209003359p:plain

 ピラミッドの段数が高くなるほど効果が高く、効果範囲も広くなるのだが、現在は鉱石が足りないため3個x3個の一段止まり。 たいまつで建設予定地を確保してあるというちょっと寂しい状況。はやく鉱石を集めてピラミッドを完成させたい。