思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHXX日記 ココが強いよ! ラスボス素材の防具「ネセトシリーズ」について

 巷で強いと噂の防具「ネセトシリーズ」一式をようやく作成することが出来た『モンスターハンターダブルクロス』。どの辺が強いのかをざっくりと書いていこうと思う。

モンスターハンターダブルクロス - 3DS

モンスターハンターダブルクロス - 3DS

 ネタバレ防止の為に最後の見出し以降まで名前を伏せるが、集会場G級ラスボス(倒すとハンターランクの上限が解放される)であるアイツの素材から作れる「ネセトシリーズ」。あまりにも利便性が高いため、「オンラインに行ったら全員ネセトだった」なんてことも珍しくないらしい。

 その強さの秘密は、一式装備で発動する「スキル加点+2」と「護石系統倍加」という2つの新スキル。

 たった2つのスキルしか発動しないが、これによりかつて無いほど自由なスキル構成を実現できるのがネセトシリーズの強み。以下、その理由を解説。

「スキル加点+2」

 「スキル加点+2」は、防具・装飾品によって付与された全てのスキルポイントが+2されるスキル。

 例えば空きスロットに採取のスキルポイントが+2される装飾品「採取球【1】」を装着すると、そこに2点が加点され、採取のスキルポイントが+4になる。つまり4つ装着するだけでスキル「採取+1」が発動可能となる。

 言い換えれば、実質的にあらゆるスキルの必要スキルポイントが-2されると考えていい。しかしネセトシリーズのスゴみはこれに留まらない。

「護石系統倍加」

 「護石系統倍加」は、その名の通り護石のスキルポイントが倍になるスキル。倍、と聞いただけでヤバそうなオーラを感じる人もいるかもしれない。

 しかも倍加されたスキルポイントにも「スキル加点+2」の効果が乗る。計算順は倍加→加算なのでお守りのスキルポイントが+4以上あれば「(4×2)+2=10」でスキルが発動出来てしまう

 オマケに倍加効果は護石の空きスロットにも適用される。大抵のスキルは「スロット3でスキルポイント+4」の装飾品が存在するので、護石の空きスロットが3あればほぼ全てのスキルの中から任意のものを発動できる

 ここまで読んで賢明なハンター諸氏ならお気づきかもしれないが、護石のスキルポイントが「スキルA+4 スキルB+4 スロット3」であれば、護石+装飾品だけで3つものスキルが発動出来てしまうということになる。大事なことなのでもう一度いうが、護石1つでスキル3つ、である。

 上位装備の中には、一式装備してもスキルが3つしか発動しないことも少なくなかった。それを付替可能な護石一つで発動できてしまうのだから、いかに「護石系統倍加」が凄まじいかがわかる。

空きスロットが12個

 さらにネセトシリーズの空きスロットは一式で12個。スロット3個空きが腕・脚の2部位、スロット2個空きが頭・胴・腰の3部位という構成。

 スキル加点+2の効果が乗るので、装飾品を詰めれば最低でも2つはスキルを発動できるだろう。

 これに護石系統倍加の効果を加えれば、合計で5つのスキルを自由に選択することができることになる。ここまで来ると、今までスキルシミュレーターなどを駆使して苦労してきたのはなんだったのか、という気分になる。もちろん理想通りの護石があれば、の話だが(後述)。

 スキル次第で大剣でも双剣でもランスでも着ていけるし、相手モンスターに合わせて耐性スキルをつけるのも簡単。さらに採集用・お守り集め用に使うこともできる。もはや汎用を通り越して万能に近い。もうこいつだけでいいんじゃないかな。

 ついでに、同じくラスボスの素材から作成可能な武器は、全武器種で空きスロットが3個となっている。やや癖はあるものの、いずれの武器種においてもトップクラスの性能を持ち、これを装備すればスキルの幅は更に広がる。

高防御力・高属性耐性・低作成難度

 さらにさらに、ネセトシリーズはスキル以外の面でもスキが無い。スキルだけに。

 防御力は全防具中でもトップグループに属する高さ。G級終盤の防具だけあって、フル強化で剣士は860、ガンナーは520に達する。もっと高い防具も存在するが、最大でも剣士で900以下らしいので、ほぼ誤差レベル。

 属性耐性は「火+10(ガンナー+15) 水-5 雷-10 氷0 龍+10」と、大きなプラスがない代わりに大きなマイナスも無いので汎用性が高い。強力な防具になるほど龍耐性が低くなる傾向にある中で、龍耐性が
プラスなのも嬉しい。

 注意すべきは雷耐性くらいで、それも強力な二つ名モンスターや隠しボス級以外は高防御力でカバーできるだろう。

 これだけの高性能を誇るにもかかわらず、作成難易度もそれほど高くない

 ラスボスのレア素材は不要で、それ以外の素材もG級ゲネル・セルタスとG級ネルスキュラの汎用素材が少々、そして採取で集まる「マボロシチョウ」「冥カイコ」のみ。

 自分はラスボスを6回、ゲネル・セルタスを2回狩っただけで、残りの素材は手持ちのものだけで一式を作成することが出来た。

 性能とは関係ないが、見た目も金ピカさえ気にならなければそれほど悪くなく、RPGの主人公、もしくは敵幹部のようなカッコいい系のデザイン。気に入らない人は今作の新要素、防具合成でいくらでも変更可能。

最大の弱点は良お守り必要な点

 と、ここまで強さばかりを強調してきたが、ネセトシリーズにも弱点はある。

 それは護石の性能に依存する都合上、良いお守りが無いとその真価を発揮できないという点。

 最低でも「スキル+4以上&スロット3」もしくは「スキル+4が2つ」というような護石が無ければ、他の装備に劣ってしまうことが多い。

 理想を求めるなら「スキル2つ&スロット3」が必要だが、そこまで行くともはや良お守りを超えた神お守りの域。入手確率は非常に低い。

 今作はマカ錬金屋の使い勝手が上がったおかげで多少はお守りを集めやすくなったが、ランダム&低確率の運ゲーであることには変わりない。結果的に「ネセトシリーズ」によってお守りゲーの側面が加速してしまっている。

 お守り集めの手段は、過去作同様に火山のクエストで採掘する炭鉱夫プレイをする、アトラル・カのクエストで掘る、マカ錬金を高速で行うためにケルビの角納品クエストを連続でクリアする、などの方法がある。

 現在自分はネセトシリーズ一式に「採取+2」「お守りハンター」「暑さ無効」「英雄の護り」を発動させてG3「かくし味は燃石炭」を連続プレイする方式でお守りを集めているが、なかなか良いお守りが出ずにいる。辛い。早めにクエスト攻略に戻りたいと思う。お守り中毒になる前に。

 なお、オンラインには護石も装飾品もつけないスキル無しのネセトシリーズ一式でやってくる輩もいるらしい。いわゆる地雷プレイヤー。

 おそらく「カマキリ装備が強い」という噂だけを聞いて作成したのだろうが、宝の持ち腐れになってしまっているのでやめた方がいい。もっともネセトシリーズは防御力や耐性面でもそれなりに優秀なので、その辺の性能が低い装備で来られるよりはマシかもしれないが。