思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

SimplismのiPhoneケース『[Fablex] Shock Absorbing Case for iPhone 8』レビュー

f:id:rhbiyori:20180101110643j:plain:w500

 新年一発目は年末に買ったiPhone8用のケースを紹介。サクッといこう。

 買ったのはSimplismのケース。公式サイトでの名称は『[Fablex] Shock Absorbing Case for iPhone 8』という表記だが、Amazonでは『Simplism iPhone8 / iPhone7 ケース [Fablex]』として売られている。どっちやねん。

 ネーミングがわかりにくいが、メーカー名が「トリニティ」で、ブランド名が「Simplism」、そして使用素材に基づくカテゴリ名(のようなもの)が「Fablex」という感じらしい。iPhone8とiPhone7両方に対応している。

 家電量販店でいろいろ見てコレに決めたのだが、一番の決め手は見た目のシンプルさ。外側に文字やロゴのたぐいが一切無いという潔さである。iPhoneにふさわしい。

 もうひとつが手触りの良さ。布地のようにサラサラな背面は「クラリーノ」というクラレが開発した素材で、ポリウレタン等の化学繊維を使っているそうである。ちなみにこの素材、最近ではランドセルによく使われているらしい。へー。

 カラーはメランジグレーを選択。正直に言って気に入ったというわけではなかったが、他が迷彩カラーしか無かったので。

 耐衝撃性に関しても、米国軍事規格をクリアしているらしいので安心。よく知らんけど。


f:id:rhbiyori:20180101110658j:plain:w500
裏側にはロゴが書かれている
 実際に付けてみたところ、もちろんぴったりフィット。使い勝手も問題なし。

 唯一、サイドに付いたサイレントスイッチに関してはちょっと奥まってしまう。誤操作防止になるのはメリットだが、指を差し込むようにしないと操作できないのがネック。

 それとLightningコネクタ用の穴はそれほど大きくないので、あまりに太いケーブルだと接続できない可能性もある。純正はもちろんOK。ちなみに自分が使っているradiusのケーブルは、計ったかのようにぴったりだった。

 背面のさわり心地はやはり良く、寒い部屋でもひんやりしない。布地風なので汚れが気になるところだが、一度テーブルに置いた時にうっかり豚肉の油をつけてしまったものの、濡れた布巾で拭き取っただけですぐキレイになった。さすがクラリーノ。

 フィルムは家電量販店オススメのノーブランドのガラスフィルムを貼っているが、干渉などはしていない。気になる人は同じSimplismのフィルムを使えば安心だろう。


 初めてのiPhoneケースということで、ほぼ直感で選んだのだが、わりとイイ感じだった、というのが今のところの感想。

 他の周辺機器ではBluetoothイヤホンやワイヤレス充電器が気になっている。新年がiPhone貧乏にならないよう気をつけねばなぁ。はぁ。