読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

Google日本語入力のサジェスト機能を切る(プレゼンテーションモード)機能について

 小ネタ。
 最初に本題を書いてしまうと、Google日本語入力のサジェスト機能をオフにしたい場合は、「環境設定」を開き、「プライバシー」のタブから「一時的にすべてのサジェスト機能を無効にする」のチェックボックスをオフにすればいい。以下駄文。

 自分は現在、Google日本語入力を使用している。非常に使いやすくて気に入っているのだが、一つ問題がある。
 例えば『Ommwriter』というソフトを使って文章を入力しているとき。このソフトは、全画面表示が可能で、執筆に集中できるようなBGM、タイプ音などを流してくれるというスグレモノ。ちなみに、Windows版は日本語入力時のタイプ音に対応していない(変換してエンターキーを押した時しかタイプ音が出ない)が、Mac版は日本語でもキーをひとつ押すたびに一回タイプ音が出る。Macに移行してよかった。
 とにかく、Ommwriterはそんな優れたソフトなのだが、Google日本語入力を使っていると、サジェスト機能(予測変換機能)がジャマになる。日記を書いているようなときに、わけのわからない単語がサジェストとして表示されると集中が乱される。興が冷める。
 まぁ気にしすぎと言えば気にしすぎなんだけど、どうせなら完璧な環境を作りたい。
 というわけで設定を調べてみたところ、「プレゼンテーションモード」なるものを発見。早速オンにしてみると、確かに全てのサジェストが無効になった。以前はいくつかのチェックボックスをオフにする必要があったので、多少進化したようだ。
 これがショートカットキーで手軽に切り替えられればいいのだが、今のところ対応していないようだ。ちょっと面倒。