思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

Skyrim 1.9にアップデート&Dragonborn購入

 しばらくやらないうちに、SkyrimがVersion1.9.0.32.8にアップデートされていた。ので、さっそく導入してみた。
 本体の導入&英語版の日本語化はすんなりいったのだが、噂のレジェンダリースキルを使うべくスキル画面を開くと、何故か文字化け。どうやら、有志が作成した外部フォントを導入していたのが原因だったらしく、1.9対応のフォントを導入しなおしたら文字化けは無くなった。
 そのレジェンダリースキルとはどんなものかというと、レベル100になったスキルをレジェンダリー化出来る、というもの。レジェンダリー化したスキルは、スキルレベルが15に戻り、取得したパークが失われ、スキルポイントに還元される。
 それだけ聞くと、単にレベルダウンしているだけのように聞こえるが、そうではない。スキルレベルは下がるが、キャラのレベルは下がらないのである。
 バージョン1.8以前は、キャラクターのレベルは81が限界だったが、レジェンダリー化したスキルのレベルを上げていくことで、キャラのレベルを理論上無限に上げることが可能になった。ということは、スキルポイントも理論上無限に入手可能。例えば、「片手武器と両手武器と軽装と重装と防御のパークを全部取得して、バトルマスター気分」とか、「全魔法のパークを取得してマジックマスターロールプレイ」なんてことも、その気になれば出来る。いわゆる「レベルキャップの廃止」というやつである。
 また、うっかり使わないパークに振ってしまったスキルポイントも、レジェンダリー化することで再度入手出来、別のパークに振ることが可能になった。なかなかよく出来たシステムだと思う。
 スキルポイントが無限入手可能、とはいうものの、キャラクターのレベルアップに必要な経験値はレベルが上がる毎に増えていく。そして、経験値の量は、レベルアップしたスキルの、その時点でのレベルに比例するのである。つまり平たく言えば、高レベルになるほど、キャラクターのレベルアップを上げるためにたくさんのスキルレベルを上げなければならなくなる。もし全パークを取得しようなどと思ったら、ムチャクチャ時間がかかるだろう。

 そして、DLCの『Dragonborn』が日本語版に対応していたので、これを機にプレイし始めることにした。
 ソルスセイムという地域が舞台で、スカイリムとは異なる風土が楽しめる。ただ歩きまわるだけでもなかなか良い感じである。
 あと、ハルメアス・モラがどう見てもバックベアード様です本当にありがとうございました。このロ○○ンどもめ!