読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

淡々とSkyrim日記その4 クエストアイテム「悔恨の斧」を入手

skyrim

rhbiyori.hatenadiary.jp

 依然として、クラヴィカス・ヴァイルのクエストで必要な「悔恨の斧」を求めてSkyrimを西進中。


f:id:rhbiyori:20161017000329j:plain
 まずは「パインフロスト・タワー」を発見。ユキグマ2頭と骨になった死体、そして焚き火と薪が数本。倒れた塔の壁の穴から先に行くと宝箱があった。あとその手前で初めて野良犬に会ったのだが、スクショ撮り忘れ。しかもバルバスがいたので仲間にできず。


f:id:rhbiyori:20161017000951j:plain
 そしてようやく目的地の「ライムロック窟」に到着。


f:id:rhbiyori:20161017001108j:plain
 中にいたセバスチャン・ロートと炎の精霊を倒しついに「悔恨の斧」をゲット。バルバスがいるおかげで戦闘はすごく楽だった。奥にベッドがあったので休息をとり、ソリチュード目指して東へ出発。


f:id:rhbiyori:20161017001256j:plain
 洞窟の入り口からは「ヴォルキハル城」が望める。確か泳いで行くこともできたはず。


f:id:rhbiyori:20161017001328j:plain
 ついでにスカイリム地方の北西の端まで行ってみたが、特に何もなし。例によって見えない壁に阻まれる。


f:id:rhbiyori:20161017001412j:plain
 海岸沿いを東に歩くとキャンプを発見。人はおらず。狩人が出かけていたのだろうか。


f:id:rhbiyori:20161017001606j:plain
 「ノースウォッチ砦」に到着。以前グレイメーン家の息子を助けるクエストで一度来たのだが、強行突入して息子と囚人だけ助けて逃げるというプレイをしたおかげか、倒してしまった数名以外のサルモールの兵士がまだ残っている。



f:id:rhbiyori:20161017002253j:plain
 「アイスウォーター桟橋」を発見。ヴォルキハル城へ続くボートに乗れる。せっかくなので乗ってみることに。



f:id:rhbiyori:20161017002718j:plain
 「ヴォルキハル城」。ドーンガードのクエストを全く進めていないので、もちろん中に入れてもらえず、さっさと帰って来た。


f:id:rhbiyori:20161017002753j:plain
 トレジャーハンターの死体を発見。さっき見つけたキャンプの主だろうか。エンチャント武器のありかを示したメモを持っていたが、読んでもなぜかクエストに追加されず。


f:id:rhbiyori:20161017002805j:plain
 「下スティープフォール窟」という変な名前の洞窟を発見。中にはアイスウルフ3匹と狩人の死体が。浸水した洞穴を泳いでいくと巨大な縦穴に出たが、登れなさそうだったので引き返す。


f:id:rhbiyori:20161017002844j:plain
 「下」という名前にピンと来たので、一旦外に出て裏手の崖をタムリエル式登山したところビンゴ。「スティープフォール窟」を発見できた。中は「下スティープフォール窟」と繋がっていた。


f:id:rhbiyori:20161017002905j:plain
 中にはフロストトロール2体と骨になった死体、そして宝箱が。宝箱の中には錬金術強化の首飾りと指輪(どちらも「極限」)が入っていた。ラッキー。


f:id:rhbiyori:20161017003018j:plain
 最後は上述の縦穴からバンジージャンプして水場に着水、下スティープフォール窟から脱出した。


f:id:rhbiyori:20161017003154j:plain
 外はすっかり夜になっていたので、近場にあって以前も一度利用した「オルファン・ティアー号」のキャンプ場で一泊し、今日のプレイは終了。次はソリチュードまで引き返して「クラヴィカス・ヴァイルの祠」を目指そうかな。

 ちなみにプレイ後にネットを見てて判明したのだが、DLCの「Dawnguard」を入れていればソリチュード(およびウィンドヘルム、ドーンスター)の港からヴォルキハル城へ、馬車と同じように移動できたらしい。おそらくこっちの方がライムロック窟に早く着けただろう。そもそもファストトラベル縛りでプレイしてるから時間の無駄を気にする必要は無いんだけどね。

rhbiyori.hatenadiary.jp

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】

The Elder Scrolls V: Skyrim SPECIAL EDITION 【CEROレーティング「Z」】