思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『ドラゴンボールファイターズ』のオープンβテストを少しプレイした感想

 PS4版『ドラゴンボールファイターズ』のオープンβテストが始まったので少し遊んでみた。ドラゴンボールの格ゲー最新作である。

 先に結論を言うと、かなりの好印象。

 ギルティギアやブレイブルーの「アークシステムワークス」が制作を担当してるだけあって、色々なシステムを搭載して自由度が高く、しかも複雑なコマンドなどを無くしたシンプルな操作。

 グラフィックもスゲェ。ほんとにスゲェ。動画を見ていただければわかるが、アレがちゃんとPS4上でスムーズに動いているんだからスゲェ。ただいま語彙が激減しております。

www.youtube.com

 なによりも、対戦ツールとしてかなり作り込まれている感じが、ちょっと触っただけでも伝わってくる。

 ホーミング攻撃、エネルギー弾、対空攻撃の3すくみ。ワンボタンで出せる投げ技。工夫次第でダメージを伸ばせるコンボシステム、同時に2対出せるアシスト、などなど。いわゆる格ゲー勢にとってはかなりやりこみがいがあると思う。

 にもかかわらず「ボタン連打の簡単コンボ」「ホーミング」「投げ」「飛び道具」(※いずれも正式名称ではない)といった操作を簡単に出来るので、あまり格闘ゲームを遊んだことがない人同士でもかなりエンジョイできるハズ。ドラゴンボールが好きな人なら、スト2やスマブラのような感覚で大人も子どももワイワイ楽しめるだろう。


 今のところ全方向にスキが無くて怖くなるくらいだが、アークゲーやマブカプのようないわゆる「コンボゲー」に抵抗のある格ゲー勢はちょっと厳しいかも。そもそもキャラクターが飛んだりビームを撃ったりしてる時点で「格闘アクション」に近いとも言える。

 全キャラ共通システムの種類も多く、他のゲームで言うところの「チェーンコンボ」「ガードキャンセル」「アドバンシングガード」「エリアルレイブ」「ディレイドハイパーコンボ」といったシステムに加え、本作独自の要素もあり、それら全てを使いこなさないと多分勝てないだろう。アークゲーの悪い癖が出た形。

 ネットワーク周りは、β版ゆえログインしにくい状況であるという点を除いても、不便な点がいくつかある。マッチング成立時の演出がわかりにくかったり。

 トレーニングモードが遊べないのは、まぁβ版なので仕方ない。しかしチュートリアルモードは遊べるので、そこで練習できてしまうのは中途半端。キャラも選べないし。


 ともあれよく出来たゲームであることは間違いないので、期待して待つしか無い。最大のネックはモンハンと発売日が近すぎることである。

 ちなみに現在、メモアプリでメモをとりながらシステム周りの調べ物をしているので、公開できる形になったら公開しようと思う。ならなかったら公開しないのであしからず。