読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

「パソコンの画面が大きいと文章入力作業がしづらい問題」について

パソコン環境

 先日書いたとおり、24インチのPCモニタを買ったのだが、モニタサイズの変化になかなか馴染めずにいる。

rhbiyori.hatenadiary.jp

モニタが体に合わない問題

 画面が大きいせいで視線の移動が多くなって目が疲れる。かといって画面から離れて見ようとすると、今度は文字が小さくて目が疲れる。文字を拡大すればいいのだろうが、そうするとわざわざ大画面にした意味が無くなってしまうじゃないか!(貧乏性)

 画面が大きいぶん目に入ってくる光の量が増えるのも疲れ目の原因になっている気がする。気のせいだろうか? 今回買ったモニタはフリッカーフリーやブルーライト軽減といった機能がついているので目に優しいはずなのだが。

 更に画面が大きくなったことで高さの問題も出てきた。今までより上向きに画面を見なければならなくなり首が如実に疲れるようになった。だんだんストレートネックのような症状も出てきた。アカン。

あなたの首の痛み、肩こりはストレートネックが原因です!

あなたの首の痛み、肩こりはストレートネックが原因です!

 キチンと背筋を伸ばして椅子に座れば、モニタの上辺がちょうど目の正面に来る理想の高さなのだが、少しでも背もたれにもたれようとすると首が不自然になる。だらけてはいけないことか。

 と書いていて気づいたんだけど、今使ってるチェアにヘッドレスト(↓こういうの)が無いのも首の疲れの原因なのかもしれない。いちおう頭を載せる部分はついているので、これからはそこに頭を載せることを意識してみようと思う。

フルHDを使いこなせない問題。

 ゲームをプレイするときはフルHDサイズが非常に便利なのだが、ブログを書くような作業の場合、フルHDのワイド画面を活かすのが難しい。文章を書くときはなるべく中心を見たいのに、ブラウザを全画面にすると入力位置が左右に寄ってしまい、逆に入力しづらかったりする。

 と書きながら、ブラウザを全画面にせず、中央縦長に置いてみた。少し入力しやすくなった気がするが、やはり左右が余っているのが気になる。あと起動し直すたびにこのサイズにするのが面倒。

 これだったらMacBook Airの方で作業したほうがやりやすいかもしれない。そういえば僕の好きな小説家もノートパソコンで小説を書いてるって言ってたしなぁ。あ、でも村上春樹はiMac使ってるって言ってたな。

 最近ブログの更新が滞りがちなのは、モニタに頑張って慣れようとしているのがうまくいかないせいというのもある。それだけじゃないけど。

 こういうのって結構重要な問題だと思うんだけど、あまり話題になっているのを見ない。そもそも世の中には27インチのiMacとかをメインに使っている人もいるわけで、僕が「画面デカすぎ」と感じているのも単に慣れの問題なのだろうか。うーん。