読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

GGXrdR対戦日記 やっぱり画面を見るのは大事

 対戦中に何を意識すればいいのか。対戦する度に悩むし、毎回違う答えが出たりする。

 今日の答えは、「画面を見る」ということ。いや、それが格ゲーの基本であることはわかってるよ、僕だって。

 格ゲーとはじゃんけんのようなものだ、というのは当たらずとも遠からずで、じゃあじゃんけんとどう違うのかといえば、出す手によってリターンが違ったり、時間によって手の相性が変わったり、まぁ要するに高度に複雑化されているのである。

 しかし基本がじゃんけんであるから、ある局面で相手がグーを出しているのにこちらがチョキを出し続けていては一生相手に勝つことはできない。

 しかも厄介なことに、相手の手がグーであるかパーであるかは、こちら側にその手に対する知識が無ければ一生わからない、ということがよくある。そのようにわからないままやられてしまうことを格ゲー用語で「わからん殺しされた」と言う。

 もう一つ、特に初心者同士の場合、画面を見ずにリターンを取りやすい行動やリターンの大きい行動を繰り返すだけで勝ててしまうことがある、という問題がある。

 画面を見ずに勝った初心者は、それが正しいのだと思い込み、ますます画面を見なくなる。そしていつまで経っても上級者に勝てない。誰もが陥りがちなパターン。気をつけなければならない。

 わからん殺しされないためには、画面を見て、相手の動きを読む必要がある。

 もちろん画面を見たからといって必ず勝てるわけではない。あくまでもそこからじゃんけんの読み合いが始まるのであって、勝てるかどうかは読み合いの結果次第だ。

 ここでさらに難しい問題は、相手の動きを見よう見ようと思い過ぎて逆に動きが悪くなったり、相手に機先を制されることが結構あるということ。

 逆に、あまり考えずに無意識的に出た行動が上手くいき、そのまま勝ててしまうこともある。

 こういうことがあると、「やっぱり画面なんか見なくていいんじゃね?」と思ってしまう。結論がループする。


 まぁ対戦ゲームに必ず勝つ方法が存在しない以上、絶対正しい結論を出すこと自体が無理なことなのだろう。

 そういえばプロゲーマーのウメハラは「常に変化し続けることが強さの秘訣」だというようなことを言っていた。

 武道においては、ひとつのところに「居着く」ことが最もよくないとされている、なんて話も思い出す。

 最大限画面を見て相手の動きを読みつつ、同時に自分の動きが固くならないように注意する、という両立困難なことを両立するよう努力すべし、というのが今日のところの結論、だろうか。

【PS3】GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

【PS3】GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-