思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『ストリートファイターV』のロードとマッチングが改善されている話

 ここ一週間ほどストリートファイターVをプレイしている。AE発売時に買ってから放置していたのだが、思ったよりハマっている。

 2年前に発売したストリートファイターVの評価は散々なものだった。そして残念ながらその評価は今日に至るまでに完全に覆されたとは言い難い。

 しかし不評の原因の内「ロードが長すぎる」「オンライン対戦機能が不便」という部分に関しては確実に改善されている。自分が今ハマれているのもそのおかげだろう。


 ロードに関しては、発売当初より単純にロード時間が減っていることに加え、つい最近のアップデートでオンライン対戦した後にトレーニングモードに戻るまでのロード時間が大幅に短縮された。おかげで練習しながらの対戦待受がやりやすくなった。

 以前はロード時間が長すぎて、プレイ配信している人がみなメインメニューで待ち受けしているありさまだったが、今は多くの人がトレモ待ち受けをしている。

 また発売直後は、なかなかマッチングが成立せず対戦が始まらないことに悪評が集まっていたが、今はかなり早い。少なくとも自分がいる低LPの初心者帯では。

 かつて頻繁に起こっていたというネットワークエラーによる対戦強制終了も、AEから始めた自分は今のところ一度も経験していない。対戦相手による故意の切断と思われる状況はあったが。

 あくまでも主観だが、少なくともオンライン対戦をする上では「普通に快適」なレベルに達している。ここ最近プレイした『ドラゴンボール ファイターズ』や『ギルティギア イグザード』と比べても遜色が無い。プレイ人口も多いので同じ人とマッチングするようなことも起こりにくい。


 ただ未だにゲームとして至らない点が多いのは確かではある。あまりやりがいのない一人用モード、不親切なファイトマネーのシステム、ゴテゴテしたグラフィック、コロコロバランスが変わるキャラ調整など。

 わざわざマッチングの回線設定を最高品質に設定しているのに、アジア系国旗のラグがあるプレイヤーと当たることもある。

 でもオンライン対戦やトレーニングモードをやるだけならかなり快適になっている、ということはもっと知られるべきだと思う。最初の評判が悪すぎると、挽回するのが難しいのはゲームの常なんだけども。ジョジョとかスト鉄みたいに。最近ではMVCIとか。