思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 「ガイラバスター・水」および拡散ガンランスの楽さと安定感について

 今日も今日とて『モンスターハンター:ワールド』のお話。「ガイラバスター・水」が安定して強いのでそのへんのお話を。

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

ガンランスの楽さについて

 もともとは歴戦王キリン用に使い始めた今作のガンランス。しばらく使い込むうちにその立ち回りの安定感が気に入ってきた。

 まずなんと言ってもガード。スキルを付ければ大抵の攻撃をガードでいなせるため、一撃食らって倒れても「とりあえずガードすればいいや」で済む。フレーム回避を狙ったりする必要がないので楽。ただし強化状態の古龍は削りがあって楽じゃない。

 そして砲撃。肉質無視なのでそこまで弱点を狙わなくてもいい。やはり楽。

 前回の記事で「双剣が楽」と書いたが、「早くクエストを終わらせられて楽」なのが双剣なのに対し、「安定して立ち回れるので楽」なのがガンランスといった印象。

「ガイラバスター・水」の強さについて

 で、今最も愛用しているのが「ガイラバスター・水」。通常砲撃の威力が最も高い拡散レベル4なので、突きと砲撃を繰り返すだけで火力を出せる。物理攻撃力も十分な値で、青ゲージが長いので継戦力も高い。

 属性解放によって高い水属性値が出る。この性質を利用し、水属性が有効な相手には属性解放、そうでない相手には無属性強化をつけることで、汎用的に使うことが可能。

 これだけの性能がありながらサイズ3スロットがついているという恵まれっぷり。もはや生産武器の立つ瀬がない。

 おなじ拡散タイプでいうと、レベル3だが武器に業物がつく「エンプレスハウル・冥灯」もなかなか強いのだが、爆破属性の威力がイマイチなため火力ではガイラ水が上回っている印象。どうしても白ゲージが欲しいときだけエンプレスがいいかな、という感じ。

 放射タイプのガンランスで砲術主体で戦う戦法もやってみたいのだが、レベル4の「ガイラバスター・王」や「金色の銃槍・王」を持っていない。特に後者はカスタム回復を3回行うことで驚異的な回復力を得ることが出来るらしい。一度は使ってみたい。

ガンランスのスキル構成の難しさについて

 しかしそんな安定武器のガンランスだが、一つ難点がある。

 主に欲しいスキルである「ガード性能」「ガード強化」「砲術」がどれも装備でつけにくいのだ。

 ガード性能はバゼルやガンキン、ガード強化はガンキンのシリーズスキル、砲術はウルムやガマル、といった感じで中程度の強さのモンスターの防具が必要で、スロットや他のスキルが貧弱なため拡張性に乏しい。

 じゃあ装飾品でスキルを付ければいいかというとそう話は簡単ではない。上記スキルが発動する鉄壁珠、強壁珠、砲術珠、そのいずれもがレア度が高く入手が困難なのである。実際、自分は未だに一つも手に入れられていない。

 結果、ガンキンとバゼルが手放せない、という状況になりがち。そこに耳栓Lv5なんてつけようものなら他スキルをつける余地はほぼ無くなる。

 他の武器種でも必須スキルが装飾品頼みなケースはあるが、ここまでひどいのはガンランスくらいかもしれない。今後来るであろう歴戦王個体の装備に期待するしか無いのか。あるいは黙って装飾品集めに励めというのか。あれ、これってやってることMHP3から変わってなくない…?

rhbiyori.hatenadiary.jp