思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

不調のMacBook Airを放置したら調子が良くなった話

 このブログで何度も調子が悪い、と書いていた2011年モデルのMacBook Airだが、ここに来て急に調子が良くなってきた。

 kernel_taskがCPUを専有しファンがぶんぶん回るという症状が出ていたので、OSをUbuntuに入れ替えていたのだがそれでも処理速度がイマイチだった。

 それが今日試しに起動してみたところ、ファンが止まっていて動作もサクサクになっていた。もしかしたら行けるんじゃないかと思いTime MachineのバックアップからMacに復元。するとMacでも問題なく動いてくれたのである。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 先日Amazonのタブレット端末「Fire HD 10」を買ってからそればかり弄り回していたので、2日ほどMacBook Airを放置していたのが良かったのかも知れない。ほっとくと治るって、風邪みたいだな。

 そもそもMacBook Airの調子が悪かったことがFire HDを買った一因でもあるので、逆にデバイスを持て余してしまいそうではある。

 でもベッドで寝ながらMacBook Airを持って使うのは不便だな、と思っていたので、ブログ書いたりするのはMacBook Air、寝ながら動画を見たりするのはFire HD、と使い分けをすればいいのかもしれない。


 MacBook Airをいろいろ調べてみたら「バッテリーの交換修理」を促す警告が出ている。やはり不調の原因はバッテリー周りなのか。

 いずれバッテリーの自力交換も視野に入れたいところだけど、Fire HDを買っちゃったのでしばらく資金が貯まるのを待つことになりそう。空から無限にお金がおちてこないかナー。ってそうなったらフツーに新型買えばいいじゃん。なんてことばかり考えているダメなやつ。そんな所で今日はお終い。