思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

『みんなで早押しクイズ』というアプリにハマった話

f:id:rhbiyori:20190308002724j:plain

 オンライン対戦クイズゲーム『みんなで早押しクイズ』にハマった。たまたま気まぐれでApp Storeのランキング上位をあさっていたら見つけたiOSアプリ。

みんなで早押しクイズ

みんなで早押しクイズ

  • Takatoshi Kobayashi
  • ゲーム
  • 無料

 Youtuberやテレビで有名なクイズ王なども宣伝しているため、この記事も宣伝と思われかねないわけだが、面白いものは面白いので紹介するしかない。

 個人的にはクイズ番組を見ていると「自分だったらもっと早く答えられるのに」と思うことが多い。それって完全に番組作ってる人たちの思うツボなわけだけれど、実際のところ自分の本当の「クイズ力」がどれくらいなのか、前々から知りたいとは思っていた。

 以前某アーケードクイズゲームをやってみたこともあったのだが、入力速度が成績に直結するシステムになっていて、慣れるのに時間がかかりそうだったので止めてしまった経験がある。

 その点、本作はその名の通りいわゆる「早押しクイズ」のシステムを採用しており、ボタンを押して解答権を取った後、画面に表示される4文字の中から1文字ずつ選択して解答を完成させるシステムとなっている。(1文字入力するごとに新たな4文字が表示されるので、解答が全て4文字というわけではない)

 文字入力に制限時間はあるが、解答がわかっていればゆっくり入力しても十分に間に合う程度。なのでスマホの文字入力が苦手な人でも問題なく遊べる。

 早押しボタンを押すタイミングが相手と近いと秒数が表示されるシステムもある。0.01秒差で早押しに勝てたりすると激アツ。

 対戦システムは1対1対戦と4人対戦の2つのモードがあり、ランダムマッチでは勝つ毎にレートが上がっていく。

 ゲームシステムとしてはほぼ以上の通りで、かなりシンプル。ゆえにかなりお気軽に楽しむことができる。

 問題文もテレビのクイズ番組の感じに近く、素人目にもなかなかクオリティが高いと感じる。少なくとも今のところ「これはおかしい」と感じるものは無かった。以前伊集院光が「クイズ番組は問題文がとても重要」と語っていたのを思い出す。


 で、以下は今回早押しクイズをやってみて、クイズというもの全般に対して思ったこと。

 クイズって知識次第でしょと思いがちだが、そうじゃないよなと前から思っていた。確かに全くわからない問題には答えようがないわけだが、問題の大半は一般常識であって、7~8割はだれでもわかる。

 また、知識として知らなくても問題文から推理すれば解答できるような問題も一定数含まれている。そのへんはむしろ出題者側の腕の見せ所と言える。

 よって知識以外にも、読解力・集中力・判断力と言った要素が勝負に絡んでくる。決して知識一辺倒の遊戯ではない、と思う。

 あえてときどき知らなければ答えようがない問題を混ぜて、運良く答えられたときの気持ちよさを演出しているようにも感じられる。

 本作のシステムに関して言えば、4文字の中から1文字ずつ入力するため、入力しているうちに思い出すことがあったりするのも面白い。解答を間違えると減点されるので、それが相手との駆け引き要素になっているとも言える。


 そんなわけでひとしきりクイズを満喫したのだが、少々熱を上げてやりすぎたせいか反動で若干飽き気味になってしまった。ちゃんとモチベーションのペース配分をしないとそうなることがたまにある。

 いずれにせよ誰でも無料で手軽に遊べるので、一度遊んでみてはいかがでしょう。ボタンを押す指を力みすぎて突き指したりしないよう注意すべし。