思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

2019年に『グランブルーファンタジー』を始めてみた感想

 ここ数日でスマホRPG『グランブルーファンタジー』を本格的にプレイしはじめている。今後発売予定の格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』の予習として。

グランブルーファンタジー

グランブルーファンタジー

  • Cygames, Inc.
  • ゲーム
  • 無料


 リアルタイムで追いかけてナンボみたいなとこがあるオンラインスマホゲームを、サービス開始から5年経って始めたわけだから、流石に今更感はある。

 菅田将暉と早見あかりがやってたゲーム内容に一切触れないCMは何年前だったカナー、なんてこともしみじみ思い出す。

スマホゲームへの偏見を見直したい

 そもそもなぜ今までグラブルをプレイしてこなかったのか? と自分自身に問いかけてみると、オンラインスマホゲームというものを色眼鏡で見ていたからに違いない。

 どーせガチャで集金するためだけに作られた薄い内容のゲームなんでしょ? と。

 その色眼鏡が正しいのかどうかは今でもまだよくわからない。

 でもなんていうか、そういうゲームに対する美意識のみたいなものにしがみつくのはもうそろそろやめてもいいんじゃないか、と思い始めたのである。

 大げさに言えば、それが自分自身の可能性を狭めてしまっているんじゃないか、と。

 予断の中に立ち止まるのではなく、一歩踏み出して自分の心と体でそこにあるものを見極めてみるべきなんじゃないか、と。

 などと回りくどいことを書いてみたけど、ぶっちゃけ他にやりたいゲームが無かったってのが始めた一番の理由ではあるんだけど。

序盤はサクサク&大ボリューム

 実際にやってみてまず最初に感じたのが、ものすごくボリュームが多いこと。

 初回スタミナ消費無しのメインクエストが大量に実装済みなので、ストーリーをある程度見ながらであればプレイ開始から10時間以上はぶっ続けでも遊べるハズ。もちろんそんなにやらんけど

 メインだけでもお腹いっぱいなのにサイドストーリーも豊富で、まるで無限に湧き出る魔法の盃で水を飲んでいるような気分になる。このへんは稼働年月の長さの賜物というべきところ。


 序盤は難易度が低いためサクサクプレイが出来て快適。

 前にも書いたと思うが、自分が最初にグラブルを始めたのは最大100連ガチャ無料キャンペーンがあった去年の年末。その後長続きせずにすぐやめてしまったわけだけど。

 その当時引いた大量のキャラ及び武器のおかげで、今のところ全く苦戦せずにメインクエストを進めることができている。

 なにせ通常攻撃と奥義だけで楽勝なので、つい最近「グラサイ戦隊」のフリークエストをやるまでアビリティというシステムの存在そのものに気づかなかったほど。これがグラブルVSの必殺技の元ネタかー、と感心した。普通は逆。

 SSRだとスツルム、ロミオ、ハレゼナ、アーミラ、カリオストロあたりが活躍している。ついでに言うと先日追加された新キャラのバイヴカハも引けた。

 ちなみに今年3月にもガチャ無料キャンペーンがあったらしい。今知った。辛い。

ストーリーにイマイチ乗り切れない

 じゃあ肝心の「ゲームとして面白いのか」という話だが、良く言えばまぁまぁ、悪く言えば薄味。

 戦闘や育成のシステムは思っていたよりもよく出来ていて、それなりに楽しい。

 キャラ、武器、召喚石を組み合わせて戦略を練るのが基本なのだろう。自分はまだその域まで達してないけども少しずつwikiなどを見て勉強している。

 音楽も売りにしているだけあって良い。メインクエストのシナリオパートがフルボイスなのは他のスマホゲーと比べると感動的ですらある長所。

 ただストーリーがどうにも性に合わないため、感動や達成感が薄くなりがち。

 ファンタジーものでありがちな展開をやるためだけに作られたようなシナリオばかりで、登場人物の行動に感情移入しにくいのが主な理由。ツッコミを入れたくなったことが一度や二度ではない。

 味方の行動がいちいち場当たり的で、なんにでもとにかく首を突っ込みすぎ。わざわざそのことをストーリー内で味方が言及するほど。

 対する敵側のやり口も昔の戦隊ヒーローの敵役並に回りくどいため、その両者が戦う必然性が明確でなくふわふわしてしまっている。

 そういった意味で真面目なメインシナリオよりもギャグ系のサイドシナリオのほうがむしろはっちゃけてて楽しかったりするのは良いのか悪いのか。

 そしてちょっと共闘しただけの人達がそれまでの生活を捨てホイホイと一緒に旅をする仲間になる。ガチャがあるからしょうがないんだろうけど。

 念の為コミックス版の方もチェックしたりしてみたんだけれど、多少掘り下げはあるものの基本的な感想は変わらなかった。

 公式動画などを見ていると美男美女キャラを出しておけばプレイヤーが喜ぶんだろうという運営の魂胆が見え隠れすることや、キャラやストーリーにどことなく水商売のエッセンスが加わっているあたり、それが良いとか悪いとかではなく、自分のような人間には向けて作られてないんだな、と感じる。


 と、ひとしきり不満点を書いてみた。以前の自分だったらプレイをやめていたと思う。

 でも最初に書いたとおり今の自分は他にやるゲームが無く、そして新しい刺激に飢えている。

 それに色々書いたけど、無料で時間つぶしにポチポチ遊ぶゲームとしてのクオリティは自分の中での及第点を超えている。なので当面はプレイし続けると思う。

 とりあえずメインクエストとサイドクエストが終わるまでは続けたい。メインクエストは全124章中21章までクリア済み。ガッツリやっても数ヶ月はかかりそう。しかもメインクエストもだんだん難易度が上がっていくらしいので育成も必要になるハズ。そこで飽きるか否かがポイントになりそう。そんなところで今回の記事はおしまい。

グランブルーファンタジー(1) (サイコミ)

グランブルーファンタジー(1) (サイコミ)