思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

アサクリオデッセイ日記 クエスト「カリュドーンの猪」を難易度ナイトメアでクリアした話

f:id:rhbiyori:20200326125441j:plain

 『アサシンクリード オデッセイ』の話。先日体験版をプレイして存分に楽しんだので、その勢いで製品版を購入してやり始めた。

 アサクリシリーズは手慣れているので最高難易度のナイトメアでも余裕っしょ、などと高をくくっていたのだが、思わぬクエストでつまずいた。

 それが「カリュドーンの猪」というクエスト。単なる猪を狩るだけのクエストと思いきや、その猪がめちゃくちゃ強い。

猪軍団の驚異

 体長が2mほどあり、それにあわせて攻撃判定もデカくなっている。難易度ナイトメアなこともあり体力・攻撃力共に非常に高い。

 しかしいくら各種ステータスが強くても所詮は猪。背後への攻撃手段を持たないので、ひたすら回避で背後に回り込みながら攻撃すればなんとかなる。

 が、コイツの恐ろしさは本体のみではない。体力が一定以下になると通常サイズの猪を4匹呼び出すのだが、コイツラも難易度ナイトメアの通常個体と同じ強さ。

 これにより、喰らうと大ダメージの突進攻撃をしてくる上に数回斬った程度では死なない小型の猪4匹がファンネルのように駆け回る中で、さらに強力な大型猪1匹と同時戦闘しなければならない。はっきり言ってゲームバランスがおかしい。

 しかもこのゲーム、基本的にダメージを食らったときの無敵時間が無い。なので猪数匹の突進を同時に喰らうと一瞬で体力が吹っ飛び即ゲームオーバー。もはや死にゲーレベルの鬼畜難易度となっている。

 さらに戦闘フィールドから一定以上離れると敵の体力が全回復してしまう。弓で遠くからチクチク攻撃する卑怯な戦術を封じるためだろう。あまりにリアリティが無いが、ゲームなんだからしょうがない。

 全作「オデッセイ」にも戦象と戦う似たようなクエストがあったが、こちらの装備が整った終盤に出てきたので工夫次第でなんとかなった。しかし今回の猪はまだ序盤。装備もアビリティも少ない中で戦わなければならない。

攻略法はゴリ押しで

 何回やっても猪軍団になぶり殺しにされるのでこれは完全に無理なんじゃないかと思い、レベルを上げて再挑戦するか、難易度自体をナイトメアから下げることも考えた。

 でもその前にやれるだけのことはやろうと、装備をアップグレードしてレア以上で揃え、彫刻で強化し、アビリティを吟味して、戦術を練り、何度も挑戦することで、なんとか現状のレベル13でクリアすることが出来た! いやー大変だった。クリア時のスクショが上に張った画像。

 攻略法を簡潔にまとめると、大猪が小猪を召喚したらマップの奥にある洞窟内で戦って猪の突進を誘発しにくくし、小猪優先で「1回攻撃→背後に向かって回避」を繰り返し、体力が減ったらアビリティ「セカンドウインド」で回復、アドレナリンゲージが余ったら「英雄の一撃」や毒、炎のアビリティで攻撃、という感じ。使った武器は剣。

 他にも色々試したのだが、結局上記のようなゴリ押しに近い戦法に落ち着いてしまった。コレが一番安定したので。弓のスキルで小猪を一網打尽にする戦法なんかも試したんだけど、安定度が低かったので却下した。

 今回のプレイで始めて「英雄の一撃」を使ったが、このアビリティ、めちゃくちゃ強い。表記が「アサシンダメージの60%のダメージ」となっていたのでてっきり使えないものと思い込んでいたけど、要するに「暗殺攻撃の60%ダメージ」という意味なので実は威力が相当高い。隊長クラスの敵でも「強化アサシン→英雄の一撃」の流れですぐに倒せる。このことに気づけただけでも収穫。


 難易度ナイトメアは敵が固いだけでそんなに面白くないと感じる場面も多かったけど、今回のようにイイ感じの歯ごたえを味わうことが出来てわりかし満足している。なので今後もこの難易度でプレイしていきたい。