読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

「いいすぽ!」と「RAGE」、一般層向けの二つの格闘ゲーム大会を視聴した感想

格闘ゲーム 見た

 先週の週末は、一般視聴者層向けにショーアップされた格闘ゲーム大会のテレビ放送およびネット配信が続けざまにあった。

 一つは7月30日にCSチャンネル「フジテレビONE」で放送された「いいすぽ!」。『ギルティギア イグザード レベレーター』の大会が行われた。

 いいすぽ! - フジテレビ ONE TWO NEXT(ワンツーネクスト)

 この番組ではこれまでも『ストリートファイターV』や『ポッ拳』の大会を放送しているが、地上波のテレビ局が制作しているだけあってとてもしっかりした番組構成となっている。

 MCを芸人でゲーマーのバカリズム、そして実況をフジテレビのアナウンサーが務めており、プロのアナウンサーが格ゲーの技名を叫んだりしているのを聞くとすごく新鮮。たまに間違えちゃうのはご愛嬌。むしろキチンと勉強してくれている証拠と言える。

 フジテレビONEは有料放送なのだが、この番組のみ「twitch」という動画配信サイトで同時中継している(決勝戦を除く)ので、自分はそちらを視聴した。再放送を頻繁にやっているのでCS無料放送期間と噛み合えばそのうち決勝も見られるだろう。そこまでするなら契約しろよ、という話だが。


 もうひとつは「RAGE」という『ストリートファイターV』の大会で、「OPENREC」という動画配信サイトで放送された。

rage-esports.jp

 司会進行を「フリースタイルダンジョン」の司会でもあるUZIが務め、大会テーマソングをラッパーのAK-69、般若、SIMONの三人が歌うなど、ヒップホップ界隈のミュージシャンが多数出演していた。

VICTORY feat. AK-69/般若/SIMON

VICTORY feat. AK-69/般若/SIMON

  • RAGE
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 なぜそんなことになっているのかというと、大会の主催がフリースタイルダンジョンの一社提供もしているサイバーエージェントであるためらしい。

 果たしてオラオラしたヒップホップ界隈の雰囲気がゲーマー層にどれほど受けるのかは謎だが、おそらく一般層には受けるのだろう。実際、K-1のような選手紹介ビデオを用意するなどの工夫もあって、大会の盛り上がりは良かった。


 いずれの大会も、非格闘ゲーマーである一般層に向けた構成・演出がなされており、誰が見ても楽しめるようになっていたのは好印象だった。

 一方で、選手の人間性ばかりがクローズアップされがちで、格闘ゲームの駆け引きの面白さがあまり伝わってこなかったような印象がある。

 まぁこのへんは致し方ないところなのかもしれない。総合格闘技の試合を素人が見たところで、細かい駆け引きがわかるわけじゃないし。かつての日本における野球のように、みんなが一度くらいはやったことがあるスポーツだったら、細かい解説なんかも入れられるんだろうけど。

 ともあれ格ゲーの大会がどんどん盛り上がってくれるのはファンとしては嬉しいことである。今月の「いいすぽ!」のストV大会にはウメハラが出るみたいなので要チェックである。あ、ギルティギアも面白いからみんなやろーね(ダイレクトマーケティング)。

【PS4】GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-

【PS4】GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-