思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 ウィッチャー3コラボクエスト「依頼:古代樹の森の異変調査」をプレイ プケプケの守り方やネッカーの捕獲方法などについて

 『モンスターハンター:ワールド』にウィッチャー3とのコラボクエスト「依頼:古代樹の森の異変調査」が配信されたので早速プレイした。ウィッチャー3好きとして配信前からゲームでここまでテンションが上がるのは久しぶりで、そして結論から言えばその期待に違わぬ面白さだった。素晴らしい。ブラボー。以下、ネタバレありで書いていくので注意。

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

 ウィッチャー3の会話システムやイベントの流れ、『ウィッチャーの感覚』システムを忠実に再現し、クエスト内容もただモンスターを倒すだけでなく会話イベントや探索といったストーリー要素が盛り込まれており、原作さながらのプレイ体験が味わえる。

 しかもそのストーリー内容は、なんとゲラルト本人を操作してクエストをクリアする、というもの。日本語吹き替えにも対応し原作と同じくスーパー激渋ボイスの山路和弘氏の御声で話してくれる。(ただしアクション時などのボイスは英語版の声優と思われる)。やたらと多い独り言もバッチリ再現。またゲラルトとの冒険が楽しめるなんて夢にも思わなかった。

 そして新モンスターとして『レーシェン』が追加。コラボクエストのためにわざわざ新モンスターが製作されたのはFFコラボに続いて2体目で、いかに優遇されているかがわかる。

 なんだったらこのクエストの形式を取り入れたモンハンの新作もしくは外伝を作って欲しい、と思うくらいの出来の良さだった。流石にこのクオリティで作り続けるのは予算等の面でキビシーのかもしれないが。

クエスト攻略

 詳しい攻略方法は他のWebサイトにいくらでもあると思うのでざっくりとした話をすると、クエスト目標はレーシェンを倒すメインクエストの他に、2つのサイドクエストがあり、1回のクエストで全サイドクエスト2つを達成すると報酬として「ワイルドハント」の称号が貰える。

 サイドクエストはガジャブーの族長を助ける「族長の座」とプケプケを助ける「瀕死のプケプケ」の2つ。前者をクリアするとそれ以降古代樹の森で味方してくれるガジャブーが増え、後者をクリアすると報酬として装飾品の攻撃珠が貰える(初回のみ)。

サイドクエスト「族長の座」

 「族長の座」はマップ内のいたるところにある赤く光る文字を発見すれば開始される。そこからクエストを追っていけば自然にクリアできるだろう。

 ちなみに途中のガジャブーとの会話は断る選択肢を選んだほうが短時間で済むので周回プレイ時はそちらを選んだほうがいい。

サイドクエスト「瀕死のプケプケ」(プケプケの守り方について)

 「瀕死のプケプケ」は、まず木の根に捕らえられたプケプケを助ける必要がある。同じく捕らえられた植生研究所所長の近くにいるプケプケの中に1体だけ生存している個体がいるので、アグニの印で救出しよう。

 更にレーシェンと戦っていると最後のエリアでプケプケが現れて共闘してくれるのだが、このプケプケがやられてしまうとサイドクエストクリアにならないので、ゲラルトが守護る、もとい守らなければならない。正直言って、邪魔。

 手持ちの生命の粉塵の他にキャンプの支給品ボックスにも支給品専用生命の粉塵が入っているので、合計6つ使って回復しつつ、下記の通りジャグラスを優先的に倒してあげればプケプケがやられる前にレーシェンを倒せるハズ。

レーシェン攻略

 レーシェン自体の攻略に関しては、スキを見て攻撃し欲張らず早めに回避する、という基本の動きをすればそれほど手強い相手ではないと思う。

 それよりも厄介なのはレーシェンが召喚するジャグラスで、体力と攻撃頻度が上がっているため脅威が増している。ジャグラスに小突かれているうちにレーシェンの攻撃を喰らいそのままダウン、なんてことにもなりかねない。最終エリアではプケプケを優先して狙うためサイドクエスト達成の妨げにもなる。

 なのでとにかくジャグラスは優先的に倒すべき。イグニを当てればおそらく体力関係無しに1発で倒せるのでなるべく複数匹巻き込むように当てたい。あるいは攻撃範囲が広い太刀などで戦うという手もある。

クエスト報酬で生産可能な装備

 レーシェンを討伐をすれば素材からハンターの武器と防具が作れる。剥ぎ取りで「レーシェン討伐の証」が入手できるので忘れないように。ちなみにこれも原作再現。

ハンター武器「ウィッチャーの銀の剣」

 武器は片手剣「ウィッチャーの銀の剣」で、龍属性と切れ味白ゲージがあるなかなかの高性能。しかも現時点では不可能だが強化先が用意されており、おそらく来週15日に追加されるクエストの素材で強化可能になるものと思われる。かなりの強武器の予感。

 ちなみに攻撃モーションの内、盾攻撃で出る衝撃波は「アード」の印、ガード中に出るバリアは「クエン」の印を原作再現したもの。

ハンター防具「ゲラルトα」

 防具は一式装備「ゲラルトα」は見た目重視装備にしてはなかなか性能が高く、弱点特効Lv3、体力増強Lv3などがつき空きスロットも多め。ただランナーLv3と体術Lv3がついているため、片手剣よりは双剣やハンマーなどに向いている。

 シリーズスキルは1つ目がイグニを使用可能になる「イグニの引力」。この装備でなくてもイグニは使用可能(印石を利用しているという設定)だがダメージが非常に低いので、実質的な効果はイグニの強化と言える。

 もう1つがヴァルハザク防具と同じく体力最大まで自然回復が続く「超回復」。ウィッチャーのタフネスを再現しているのだろう。原作だとちょっとした崖から落ちただけで死ぬからあまりタフなイメージはないんだけど。防具に回復速度UPLv3がついているので、空きスロットで体力回復量UPをつければかなりタフになれる。

オトモ装備「ネッカー」、およびネッカー捕獲方法

 さらに古代樹の森にいる環境生物「ネッカー」を捕獲するバウンティをとオトモ武器と一式防具「ネッカーα」の素材が貰える。他の攻略サイトによるとネッカーの捕獲方法は「夜間にドスジャグラスがアプトノスを捕食しジャグラスに吐き出す行動をとった際、ジャグラスに紛れてネッカーが現れる」とのことで、自分は2回挑戦して2回とも捕獲することができた。


 そんなわけで大満足だったウィッチャー3コラボイベント。来週に追加されるクエスト「依頼:森の精霊」は特殊依頼ではなくイベントクエストなので今回のようなつくりこみは無いだろうが、シリの防具が生産可能になるとのことなので楽しみ。みんなもやろうねウィッチャー3。