思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

MHW日記 歴戦王ナナ・テスカトリのクエスト「青は愛より出でて愛より熱し」の攻略情報

f:id:rhbiyori:20180929234157j:plain
CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト

 10月4日に『モンスターハンター:ワールド』に配信された歴戦王ナナ・テスカトリのクエスト「青は愛より出でて愛より熱し」。今回も自分が戦って得た攻略情報等をまとめる。

歴戦王ナナ・テスカトリの特徴

 他の歴戦王と同様、(攻撃が)強い、タフ、素早い(多分)のが特徴。

 スピードの上昇により突進攻撃の驚異が倍増。ダメージは少ないがその後の連続攻撃が危険となっている。

 特に大幅強化されたのがナナ版スーパーノヴァこと「ヘルフレア」

 持続ダメージの量が増加し、まともに喰らったら火耐性を上げていても即死は免れない。

 また、緊急回避(敵と反対方向にダッシュ回避)やダウン後の寝っぱなしによる無敵時間でやりすごす、という戦法がやりにくくなっている感がある。そのためスキルなどによる対策は必須と言える。

ヘルフレア対策

  • 防具「クシャナシリーズ」3部位で発動する風圧完全無効をつけて、逃げ回りながら回復。
  • 耐熱の装衣でダメージを軽減可能。それでも結構ダメージは大きい。
  • 赤ダメージの回復は秘薬でもいいが、アステラジャーキーの方がコスパがよく、マルチプレイ時は「広域」をつければで他の味方も回復できる
  • ヘルフレアを使った瞬間モドリ玉。タイムロスが大きいのが欠点

 などなど。これらの対策を併用しよう。


 また、クエストには歴戦王テオ・テスカトルが乱入してくる。2匹とも火力が高いので厄介で、特にソロの場合は2対1を強いられるのが辛い。

 さらに歴戦個体と同様、合体攻撃の「炎王龍との絆」「炎妃龍との絆」も使ってくる。リア充爆発アタック。

 使うのは広いエリア9のみのようなので、このエリアに来たら常に合体攻撃を警戒しよう。

 合体攻撃後、テオはすぐに立ち去る。ヤることだけヤッて帰るという、男の風上にも置けないヤツだが、合意の上なので別にいいのかもしれない。

 しかし他の歴戦王古龍の縄張り争いと違い、エリア9に移動してもすぐに合体攻撃してくれるわけではないのが面倒。

 追記(10/08)→テオに気づかれた状態、かつ他にパーティーメンバーがいない状態でモドリ玉を使うと、テオが何もせず立ち去るという現象を確認。今のところ再現率100%。特にソロのときは非常に便利だが、もしかすると修正される可能性もある。


 テオ・クシャと同様、エリア8で落石トラップを当てたい。ただし彼らと違い、エリア移動後の位置が落石の下ではない場合がある。

 経験上、エリア移動後すぐに追いかけるのではなく、ちょっとまってからエリア8に入ると落石を当てやすい位置にいてくれることが多い。


 なお自分はジャンプ攻撃主体の操虫棍で必要なチケットを集めた。

 ナナは翼が柔らかいので操虫棍のジャンプ攻撃とかなり相性がいいのだが、歴戦王はサイズがデカイせいで翼を狙いにくく、クリア時間が伸びがちだった。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 ついでにあくまで個人的な感想として他の歴戦王古龍と強さを比較すると「ヴァルハザク>ナナ>その他」といった印象。ただヴァルハザクは瘴気が本体のようなものなので、古龍そのもののフィジカル(?)ではナナが最も厄介だと思う。

防具「エンプレスγシリーズ」

f:id:rhbiyori:20180929234339j:plain
CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト

 クエスト「青は愛より出でて愛より熱し」の報酬「炎妃龍チケット」で生産できる装備。カイザーγと同様で微かに光っている。

 胴と脚に既存の防具で存在しなかった「耳栓Lv2&スロット」がついているのが長所。優秀なシリーズスキルをα・βと混合で発動できるのも強み。詳しくは以下の記事を参照。

rhbiyori.hatenadiary.jp

 なお配信直後に、クエストをクリアしてもチケットが貰えないというバグがあった模様。現在はアップデートで対処法が設けられているので、詳しくは公式サイトをチェック。

www.capcom.co.jp

重ね着装備「さくら」

 「炎妃龍チケット」を入手すると2期団の親方(装備生産担当)から納品依頼が発生。炎妃龍チケット*2に加えて「SFVチケットⅡ」*1を納品すれば貰える。

 SFVチケットⅡはチャレンジクエスト「乱れ桜は春爛漫」の報酬。歴戦王ナナのクエストと同じ期間プレイ可能なので安心。

 ターゲットはリオレイア亜種。個人的にオススメな攻略法は弓で壁ジャンプ射撃し続ける戦法。適度に回避しつつゴリ押しし、例えやられても構わず攻め続けるべし。

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4