思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

「6ボタンパッドは格闘ゲームに向いていない説」について

 近年、格闘ゲーム向けという謳い文句で、前面に右手用ボタンを6つ配置したコントローラーが市販されている。以下「6ボタンパッド」と呼ぶ。

 自分もかれこれ3年ぐらい使っているが、最近になって6ボタンパッドはあまり格闘ゲームに向いてないんじゃないかと感じるようになった。以前書いた記事とは矛盾しているかもしれないけれども。人間の考え方は変わっていくものなので。


 そう考える理由は簡単で、右端と左端のボタンが遠すぎて親指を動かすのに時間がかかってしまうから。

【PS4/PS3/PC対応】ファイティングコマンダー

 PS4用6ボタンパッドの標準的な配置を例にとると、◻︎・×ボタンと(前面の)R1・R2ボタンとの間にはかなり距離があり、どちらかを素早く押さなければいけない状況に対応できない。

 具体的なシチュエーションを挙げると、ストリートファイターVで「相手の前ステップを弱技で止める」「相手の飛びを強昇龍で止める」の2つを同時に意識してやろうとしても、親指の動きが追いつかないせいで上手くいかないことがある。

 自分は是空の老モードを使っていてこの問題に直面し、練習では対応しきれないと感じて仕方なくR1・R2ボタンを人差し指・中指で押す配置に変えて練習や対戦すするようになった。

 で、この配置に変えてみたところ、予想していたほど支障が少なく、むしろ快適ですらあることに気がついた。同時押しがちょっとやりにくいのとVリバーサルをL1・L2で押すのがちょっと難しいくらいで、それよりも全ての通常技ボタンをとっさに押せるメリットの方が大きい。

 PS4純正のコントローラーであるDUALSHOCK4だと縦の同時押し(◻︎+×ボタン、△+○ボタン、R1+R2ボタン)がやりにくいかもしれないが、自分が使っているホリの『ファイティングコマンダー』はボタンが大きくて押しやすいので同時押しも問題なし。

【PS4/PS3/PC対応】ファイティングコマンダー

 っていうか今時通常技が6つもあるゲームってストリートファイターくらいだから、6ボタンパッドは格ゲー向けでなく実質的にストリートファイター向けでしかなく、それも連打やシビアな目押しが昔のタイトルに適しているだけであってストVでで使う必要性はほとんど無いのかもしれない。

 昨今の格ゲーは純正コントローラーに合わせて通常技を4ボタンに抑え、同時押しなどをLRボタンに割り振ったものが多い。よくよく思い出してみると以前プレイしていた『ギルティギア』もボタンホールドの都合で前面4ボタンしか使わない配置に変えたことがある。

rhbiyori.hatenadiary.jp


 6ボタンパッドの多くは「ボタンが押しやすい」とか「L2・R2ボタンがアナログでない」といったメリットを持っているので、それらを目当てに使う意義は大いにある。

 なお6ボタンをすべて親指で押すのではなく、右手をアーケードスティックのように被せて持つスタイルであれば、人差し指から中指まで使えるので運指の問題は起こらず6ボタンパッドの強みをフルに活かせるハズ。ただこの持ち方がどれほど実戦で有用かは不明。自分も実際に試してみたけど左手が安定せず方向キーの入力にミスが増えたり、ボタンが固くてアーケードスティックのように軽快に押せなかったりとかなり難があったのですぐに諦めた。

 先日発売された6ボタンパッド『Razer Raion』はホールド性が高くボタンの感触が軽いらしいで、右手をかぶせる持ち方がやりやすいのかもしれない。でもお値段高いんだよなー。せめて3、4年持つなら購入検討したいけど、ハードが切り替わる可能性もあるのでなかなか手を出せずにいる。

Razer Raion - Fightpad for PS4 コントローラー 格闘ゲーム用 アケコンデザイン PS4/PC対応 【日本正規代理店保証品】 RZ06-02940100-R3A1