思考だだ漏れノートG

モノ、ゲーム、PCなどについてのブログ。

オーバーウォッチ初心者日記 2019年12月のアップデート後にプレイした感想

 PS4版『オーバーウォッチ』にアップデートが来たのでさっそくプレイ。クイックマッチで9勝してソルジャーのスキンをゲットした。ダサセーター。

 今回の調整の目玉はバリアの弱体化だろう。これによって主にタンクのオリーサシグマというメタが変わるんじゃないかと期待されていた。

 で、実際タンクやサポートを使ってプレイしてみた感想としては、正直初心者なんでよくわかりません。ハイ。

 あくまでも体感で言えばオリーサもシグマも普通に強いままな気はする。確かにバリアの弱体化によって盾割りの時間の時間は減ったけど、中・遠距離型のタンクという強みは変わってないし。ただ今までのバリア貼ってにらみ合うような立ち回りから撃ち合いメインの展開に変わってくると思う。

 ラインハルトは多少足が早くなっても遠距離の相手に何もできないのは相変わらずで、バリアが弱くなって差し引き微プラスくらいな印象。

 今回のアプデでバリアに弱かったヒーローがピックできるようになるかと思ったが、むしろバリアを割るのが得意なリーパーなんかがますますメタになる予感がしている。

 その他のタンクも各ポジションは基本的にそのままで、上下の格差が多少緩和された感じかと。D.Vaのマトリックスはゲージがあるんだからクールタイムいらないのでは? と思うんだけどどうなんだろう。


 サポートに関して言うと、モイラのヒールが弱体化したのは結構大きい。黄玉を使ってもヒールが追いつかない感じがする。生存力とウルトの使いやすさは健在だから弱くはないけど、相方サポートのヒールもかなり重要になってくると思う。味方がバリア前提の動きに慣れすぎて被弾が多かったからかもしれないけど。

 個人的にはバティストがより活躍できるんじゃないかと感じる。盾割りに参加できるし、こっちの盾が割られてもイモータルフィールドで味方を守れるし。

 アーマーの強化でブリギッテが活躍できるかなーと思ったけど、相変わらず対フランカーおよび乱戦専用ヒーローな印象。殴らないと味方を回復できない時点で汎用性が低くなるのは必然なので、初手で出しても気が引けないような調整が欲しいところ。

 ダメージ(DPS)に関してはよくわからない。全ロールマッチングで15試合くらいやって一度もマッチできなかった。ダメージ偏重の人気状況は相変わらず。ホントなんとかしてほしい。ダメージで気軽に遊べるようになればオーバーウォッチは完全な神ゲーになるんだけど。

 ダメージが人気なのは単純に人数が多いからだろうし、メイをタンクにしたりソルジャーをサポートにしたりで人数バランスを良くしてみたらどうだろう、と考えたけど流石に既存プレイヤーには受け入れにくいだろうな、とも思う。


 そんな感じでピック傾向はそれほど変わらない感じがしたけど、試合展開はかなりスピーディになって好感触。盾割りでじりじりする時間が減ってくれてうれしい。

 全体的なピック傾向は変わらなくても、強いヒーローが弱く、弱いヒーローが強くなっているのでピックの幅自体は広がったと思われる。多分。チームゲーだから逆にメタが固定化される可能性も無きにしもあらずだけど。